オススメディズニー本紹介

Sponsored Link

こんにちは!
留学貯金で遊び金が殆どないため、休日が暇すぎるすんです。

とりあえずなんか書かねば、、、と思い

 

アクセスログ的には留学志望の方よりもディズニー好きな方の方がたくさん観てくれているみたいなので、
今回もディズニーネタで。

ディズニー関連本で、僕のオススメのものを紹介します!

 

※こちらの記事は姉妹サイト『ディズカリ!!』に過去に掲載した記事を移行・リライトしたものです。掲載当時と内容が大きく変わっている部分がございますのでご了承ください。

 

目次

 

ミッキーマウスの憂鬱

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)

 

こちらは小説です。


完全なるフィクションですが、徹底的なリサーチによる現実描写と虚構が入り混じった作品になっています。

舞台はなんと東京ディズニーリゾート。
TDLのバックヤードでアルバイトする事となったやる気だけはある勘違い青年が、いろんな部署に首を突っ込んで行く話なのですが、ある日「ミッキーマウスのヘッド」が行方不明になるという事件が起こり・・・・

主人公にイラっとさせられますが、なかなか面白い作品です!

 

ディズニーランドという聖地

ディズニーランドという聖地 (岩波新書)

ディズニーランドという聖地 (岩波新書)

 

今度は分析本?です。
もともと、ウォルト・ディズニーの伝記翻訳された方が著者なので、伝記っぽい部分もあります。
過去の自身の体験や他の文化もつ人から見たパークの感想から生まれたディズニーランドへの疑問を、ウォルトの生い立ちや思想から振り返って分析していく本です。

すごく勉強になる!
わかりやすいし、文化としてのディズニーランド研究書のなかでも、日本語で書かれているものとしては一流だと、マニアの方が言ってました(ブログで

「二流のホンモノよりも、一流のニセモノ」の精神を、時代的考察やら、アメリカ文化的考察やら、ウォルトの人間性からの考察やらを交えて書いております。

ディズニー大学 

ディズニー大学

ディズニー大学

 

 キャスト養成所である「ディズニーユニバーシティ」の教えを本にしたもの。
大学が生まれるに至った経緯やエピソードなど、いろいろ交えながらのお話でめちゃくちゃ読みやすかったです。

いわゆる社員教育本・指導者本としてはもちろん、ディズニー好きだよ~くらいの人が気軽に読める作品。

ディズニー7つの法則

ディズニー7つの法則

ディズニー7つの法則

 

 これもいわゆる自己啓発とか、社員教育とか指導、会社経営とかの内容に近いのですが、なんといってもストーリー仕立てでめちゃくちゃわかりやすく特に自己啓発が目的でなくても「やっぱディズニーすごいわ〜」となるので面白いです。
マジックキングダムで数日間セミナーに参加するいい歳したおじさんおばさんたちが、ディズニーパークの秘密やホスピタリティに触れて変わっていくお話。
トリビアネタやゲスト的出演をする実在のディズニーの重要人物など、めちゃくちゃ面白くて為になる本です。
キャラクターの名前が横文字ばっかりで憶えられないのが難点 笑

今回はここまで!
結構読んだのが昔だったりしたのでうろ覚えの本もありましたが、
皆さんも是非読んでみてください!

ちなみに今の積み本:ディズニー"感動"のプロフェッショナルを 

ディズニー要素薄めの経営本って感じですね。

読書も頑張ります!

 

関連記事

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info