【旅行記】上海ディズニーランドへ行こう その2〜まだ準備編〜

2017年夏、D23 EXPO参加&カナダワーホリの直前に勢いで上海ディズニーランドへ行ってきました。

 

※こちらの記事は姉妹サイト『ディズカリ!!』に過去に掲載した記事を移行・リライトしたものです。掲載当時と内容が大きく変わっている部分がございますのでご了承ください。

 

 

上海ディズニーランド、行ってきました!!!!

f:id:s_ahhyo:20190125175034j:plain

かなりいろいろあって、お伝えしたいこともたくさんあるのですが、ひとまずまだ準備編をお届けします!笑

 

 

前回の記事はこちら

www.sun-ahhyo.info

目次

 

上海ディズニーリゾート公式アプリ

さて、上海ディズニーリゾートには公式アプリというのが存在するのはご存知でしょうか?

パークのマップや待ち時間だけでなく、前回登録したアカウントでログインすると購入したチケットの情報も表示されます。

(逆にそれがない場合、購入番号を印刷してくる必要があります。)

 

f:id:s_ahhyo:20190125182734p:plain



 

世界で一番新しいディズニーパークですし、いままでのディズニーパークとはエリア構成も配置もアトラクションも全く違います。

それに待ち時間や休止情報、ファストパスの発券可否や今取ったら何時になるか、が表示されるので、無駄な時間が減らせます。

(実際に行ってみて、複数のアトラクションが休止になったりしたのでかなり情報収集に役立ちました)

f:id:s_ahhyo:20190125182611j:plain



 

休止中のアプリでの表示。 パークでの公用語は他の国と違い中国語(普通話)です。

 

これは英語が公用語として広東語と併用して用いられている香港パークとも違います。

もちろん英語のアナウンスもありますが、アトラクションの突然の休止時のアナウンスなどはキャストが拡声器でするので中国語onlyです。 もちろん聞けば英語で答えてくれますが、英語が得意ではないキャストもたくさんいるので、このアプリがあるだけで休止情報がわかるのはかなり便利です。  

 

しかし日本ではダウンロードできない?

 ただしここで問題があります。こちらのアプリ、 日本のAppStoreやGooglePlayStoreでダウンロード対応していないのです。

なんてこった!使えないじゃないか!と思った方、実はいろんなサイトで紹介されていますが、ちょっとした手順を踏むだけでiPhoneでもAndroid端末でもこのアプリがダウンロードできます。

実際僕もやってみたのでその手順を紹介します。

 

※こちらの方法は必ずしも公式に推奨されるものではないため、行う場合は自己責任でお願いします。  

 

Androidでのインストール方法

僕のメイン端末はiPhone6なのですが、SIMロックが有効で海外で使えないため、香港で安く買ったGalaxyを今回の旅ではメインに使いました。

SIMカードについては前回の記事に詳しく書いています。

  • 手順1 「設定」「セキュリティ」から「提供元不明のアプリ」にチェックを入れる (これをすることにより「Google Play」以外のサイトからもアプリがダウンロードできるよ!ということ。一方で変なサイトからウィルスを取り込んでしまう可能性もあるので、アプリダウンロード後は必ずチェックを外しておきましょう)
  • 手順2 上海ディズニーランド公式アプリのサイトから右の「Baidu Mobile Assistant」をクリックし、中国のGoogle的役割を果たしている「百度(Baidu)」のサイトへ飛びます。
  • 手順3 「APK文件」をクリックし、ファイルをダウンロードします。
  • 手順4 ダウンロードが完了したら通知バー(もしくはダウンロードファイルが表示されるアプリ)から、ファイルを実行、「インストール」を選択します。
  • 手順5 インストール完了!!

インストールが完了したら開いて、チケット予約した際のアカウントを入力し、ログインしてください。 あなたの名前と購入番号が表示されます。  

 

iPhoneでのインストール方法

  iPhoneでのインストールは少々手こずりました。 方法として端的にいうと「日本以外のダウンロード可能な国のAppStoreに登録する」ということになります。

 

多くのサイトで「現在持っているAppStoreのアカウントの国を変更する」方法が紹介されていますが、 僕はそれではうまくいきませんでした。

 

どうやら「日本のAppStoreでクレジットカードを登録している場合、国の変更する際にもクレジットカードの登録が必要」であり「変更する国で発行したクレジットカードのみが有効」となるみたいです。ややこしいですね。

(ちなみにこれ自体はどこか公式でアナウンスされてるわけではないので、正確にはこれが原因かどうかはわかりません)

 

なので、日本のAppStoreでクレカ登録をしている僕は、日本のクレカしか持ってないので国を変更しようにもエラーが出てしまうという状況でした。

面倒ですが「もうひとつAppStoreのアカウントを作る」方向でやってみました

注意事項として、日本のAppStoreに登録されていないメールアドレスが必要となります。 アカウント承認が必要となるので、かならずメールが受け取れるものが必要です。テキトーに入れても作れないので注意してください。

  • 手順1 AppStoreアプリを開き一番下までスクロール。「AppleID」をタップして「Apple IDを表示」
  • 手順2 「国または地域名」>>「国または地域を変更」>>「Canada」を選択し「次へ」 (アメリカを選択するとバージョンによってクレカが必要になることがあるみたいです)
  • 手順3 Terms and Conditionsが表示されますが右下の「Agree」をタップ。ポップアップ表示後も「Agree」をタップ。
  • 手順4 アカウント登録画面になりますが、日本のクレジットカードが登録されている場合、「Payment」に「None」が選べません。そのため、「Cancel」をタップして画面を終了。 (逆にNoneを選択できる場合はそのまま進めてしまってOKです)
  • 手順5 この時点でAppStoreが日本のものからカナダのものに切り替わっています。もう一度下へスクロールし「Apple ID」から今度は「Sign Out」をタップ。「Search」から「Shanghai Disney」と検索すると、先ほどは表示されなかった公式アプリが表示されます。 (あくまで「Shanghai Disney Resort」の公式アプリのため「Shanghai Disneyland」で検索するとはじかれます) 「GET」>>「INSTALL」をタップして、ポップアップが表示されたら「Apple IDを新規作成」して、必要な情報を登録し、カナダのアカウントを作ります。

注意点としては住所や電話番号など、実際にカナダにありそうなものを入力すること、ひらがなカタカナは入力できないこと、などです。

 

また、アップデートが必要な場合、日本のアカウントとカナダのアカウントを切り替えたりする必要が出てきます。

少し面倒ですが、このアプリがあるのとないのとでは滞在時の時間の使い方が劇的に違ってくるのでぜひ入れることをお勧めします。

利用者が増えれば日本のAppStoreやGooglePlayでもダウンロードできるようになるはずです。

(そもそも中国ではGoogleの利用が認められていないはずなので、そこのところどうなのかわかりませんが・・・)

 

 

前回の記事では主に香港SIMを利用したインターネット利用法を書いていますが、 こちらから中国でもSNS利用可能なWiFiルーターレンタルサービスがご利用できますので、ぜひご検討ください。

 

次回はいよいよ上海ディズニーの旅レポを載せたいと思います!!

乞うご期待!!!

 

(続き)

www.sun-ahhyo.info

 

上海ディズニーランドへ行こう シリーズ

関連記事

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info