【MCUに出てくる楽曲まとめ その1】 アントマン/ドクター・ストレンジ

 

MCUことマーベル・シネマティック・ユニバース*1の音楽を個人的なおぼえがきとしてまとめてみました。

ワーホリでカナダにいるため手元にソフトがないものも多く、DVDを持って来たものも、観ながら調べると話にのめりこんでしまい進まない進まない・・・。

あと思ったよりも楽曲が多くて記事が長くなって終わらないので小出しでシリーズもの的な記事にします。作品の順番通りに公開できればよかったのですが、そもそも「アイアンマン1」を見る方法が今のところないのでもうテキトーな順番で公開します。

 

とりあえず1回目はアントマンドクター・ストレンジ編。

 

目次

 アントマン

マーベルシネマティックユニバース12作目の本作。

あらゆる物体を小さくするピム粒子を利用して小さくなるヒーロー・アントマン

ぼったくり企業のシステムに侵入して顧客に勝手にお金を返した事件で逮捕されていた主人公スコット・ラングが天才発明家ハンク・ピムからアントマンスーツを受け継ぎ、アントマンスーツの危険なコピー品である「イエロージャケット」を盗み出す任務へと向かうヒーロー&クライムアクション。

Borombon / Camilo Azuquita

メキシカンなオープニングタイトル曲。まさかのマーベルスタジオロゴのタイミングで流れます。こちらもMCUの重たいシーンから「アントマン」テイストな軽快なシーンに切り替えるのに一役買っています。

もはやググるアントマンが1番先に出てくる。 

パナマ!2

パナマ!2

 

 

I'm Ready / Commodores

インスト曲。ハンク・ピム邸侵入のための計画・準備時に流れるファンクミュージック。

Caught in the Act

Caught in the Act

 

Plainsong / The Cure

イエロージャケットとの戦闘中にスコットの「I'm gonna disintegrate you!」に反応してダレン・クロスのiPhoneのSiriたんが再生してくれる曲。壮大。Siriたんの有能さに感服。ダレン・クロスのお気に入りがThe Cureっていうのももう厨二病感があっていい。

ちなみにアルバムのタイトルがDisintegrationです。

DISINTEGRATION-REMASTERED

DISINTEGRATION-REMASTERED

 

 

ドクター・ストレンジ

マーベル・シネマティック・ユニバース14作品目。

事故によって両手の機能を失った天才医師スティーブン・ストレンジ。ほぼ全財産を使い果たして治療を試みるも修復不可能だった彼は、すがる思いでカトマンズにある「カマー・タージ」という伝説を探しに行く。そこで彼が目にしたものは魔術。至高の魔術師(ソーサラー・スプリーム)ことエンシェント・ワンの教えに従い魔術を学ぶストレンジ。そこにかつてのエンシェント・ワンの弟子、闇の魔術師カエシリウスが現れる。

Shinning Star / Earth, Wind & Fire

ドクター・ストレンジが手術中に腰をフリフリしながらノリノリで聴いてる曲。ドクター、集中して!!

暗黒への挑戦

暗黒への挑戦

 

Feel So Good / Chuck Mangione

手術中リリース年を当てるクイズで使用される。ドクターは音楽にも博識。情報の正確さはWiki以上。インストですがフリューゲルホルンのメロディがしっかりと「歌って」いるのでめちゃくちゃ耳に残る良曲。

フィール・ソー・グッド

フィール・ソー・グッド

 

 Interstellar Overdrive / Pink Floyd

 講演会へ向かう車を爆速で飛ばすシーンで流れる曲。もうここらへんからドクター・ストレンジがトニー・スターク系の「ちょっとヤバい奴」感が出ています。

Piper at the Gates of Dawn

Piper at the Gates of Dawn

 

Single Ladies (Put a Ring on It) / Beyoncé

ウォンに対するビヨンセネタを受けて、ウォンが図書館の警備中に聴いている曲。

WiFiが通っていたりビヨンセが聴けたりと、わりかしモダンな作りのカマー・タージ。

I Am… Sasha Fierce

I Am… Sasha Fierce

 

 

 関連記事

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info

*1:同一世界観で複数のヒーローが共闘する一連のシリーズもの