【雑記】Dオタじゃない恋人と付き合うということ。

誰が興味あんねん。

 

いや誰が興味あんねんとか言い始めたら僕のブログの全てが消滅し灰も残らないような気がするので書きます。

多分見ないとは思いますけど、これ普通に僕の恋人も、さらには元カノも見れる状態にあるので、まぁ後々問題にならないようには意識して書きますけど、なんかあったら消すかもしれないです。

 

バーテンと付き合うとカクテルにされるし、ミュージシャンと付き合うと曲にされるし、ブロガーと付き合うとブログのネタにされるんだよ!!気をつけようね!!!

 

一応僕の恋愛対象はいまのところ女性なので、経験上男性と女性のヘテロ恋愛について書いていますが、これが経験を基にして書ける限界というだけで、特定の恋愛思想を押し付ける意思はございません。

 

目次

 

 

Dオタ男子であるということ

Dオタに男も女もない、というのがDオタである当事者からの意見ではあるのだけど、世間的にはその印象は薄い。

「ディズニーのような可愛らしいものが好きなのは女っぽい」というのは日本社会にある揺るぎない偏見であり、(同時にウォルト・ディズニー・ジャパンという日本の会社が自らばらまく呪いでもある)多かれ少なかれ僕らDオタはそれに直面することがある。

当たり前だ、一般のそれほどディズニーに詳しくない人たちはそもそもの「ディズニージャンル」の沼の深さを知らないのだから。

 

ディズニーにはピーターパンやアラジンやライオン・キング、トレジャー・プラネット、トイ・ストーリー、Mr.インクレディブル、カーズ、スター・ウォーズ、マーベルなどなど、男の子が見て興奮するような映画もたくさんあるし、僕はミニーちゃんだってくまのプーさんだってふしぎの国のアリスだってプリンセスだって好きだ。好きであると表立って宣言することに気恥ずかしさはまだあるけど、好きであること、そこに男女の境などなくていいと思っている。

 

一般のそれほどディズニーに詳しくない人たちにとっては「ディズニー」といえばミッキーやプーさんやダッフィーやプリンセス、アトラクションのことである。「空軍力の勝利」やディズニーネイチャーやシリーシンフォニーや実験的未来都市やプルス・ウルトラ、トロン・レガシーやロケッティアのことを考えるひとは少ないだろう。でもそういう深いところにもきちんと受け皿があるのがディズニーだ。

ディズニーパークの「建築」に興味があってモデルを作ったりデザイナーを目指す人もいる。

ロボット(オーディオアニマトロニクス)に興味があってロボットを作る人もいる。

ディズニーが作り出す異国文化に憧れて世界を旅する人もいる。バックグラウンドストーリーやイマジニアについて調べまくる人もいる。

ダンサーが好きで追いかけている人もいれば、ミュージカルが好きで何公演も行く人もいる。金にものを言わせてパークで豪遊してネットでマウントを取る人もいる。

僕みたいにひたすら映画を見て感想を書くだけのヤツもいる。

僕は彼らと比べればすごく底の浅い人間ではあるんだけど、まぁディズニーオタクだ。

ディズニーファン、マニア、オタク、ギーク、呼び方は色々あるけど、種類もいろんな人がいる。

 

けど、けどなんだけど。やっぱり「Dオタ男子」というのはまだ日本では本当の意味で理解の浅いジャンルだし、わかったつもりでいる人たちも、その深いところまでは見ていていないことが多い。

 

BRUTUS (ブルータス) 2013年 7/1号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2013年 7/1号 [雑誌]

 

 

Dオタじゃない女性

男の僕が女性のステレオタイプを語るなんていうことは非常におこがましいのだけど、基本的にDオタでなくても「女性はディズニーが好き」という不思議な一般常識がある。(もちろん例外はある)

その「ディズニー」がアニメなのかテーマパークなのかは個人の裁量によるが、当然その偏見に苦しめられたことがある人は、DオタにもDオタじゃない人にもいるだろう。

 

事実「ディズニー」というジャンルは、詳しくなるのは大変だが、きっかけとしてはかなりハードルが低い。

ハードルが低いのはいいことでもあるのだけど、そのせいでどこまで自分の趣味を共有すべきかというラインを見誤ることがよくある。

恋愛に限った話でないし、単にコミュニケーションや個人の性格の問題だろうという話なのだが。

そうでなくても「Dオタ」の特に「男子」というのは、こうやってインターネット上で仲間を見つけないと、現実で探すのが難しい。

ミッキー・マウスなどはファッションになっているし、マニアックなものはアピールしづらく、見つけづらいからだ。

すると恋人ができた途端、恋人にその「好きを共有したい」というエゴをぶちまけてしまうことがある。

まずいですよ!

 

「好きを共有できるライン」を探る

過去に付き合ってきた恋人とは、このラインを見誤って険悪になったりもした。

ディズニーリゾートは別に一人でもいけるけど、恋人と行くのはまた格別だ。

ディズニーホテルをとって、あそこのレストラン行って、とかベタなこともいっぱい考えてしまう(特に東京はひとりではなかなかそこまで振り切れない)

 でも、恋人がDオタでなければそこまで一生懸命になる必要があるのかとか、寝るだけで充分なホテルにそこまでお金をかける必要があるのかとか、そもそも忙しい時期に無理に予定合わせて行く必要があるのかとか、そういうすれ違いって必ずある。

「女の子はだいたい皆ディズニーが好き」というフワッとした共通認識はあるとはいえ、意味のわからないウンチクやこだわりまでもみんなが求めているとは限らない。

オタクにしてみると「どうして分かってくれないんだ!」と葛藤してしまうのだけど、もうこの時点で相手にとって僕の趣味が「楽しいもの」でなくなってしまう。

 

 

どのジャンルにおいても、どんな人間関係においてもこのラインを探ることは重要だし、難しい。でも好きならばやるべきであるし、乗り気のない恋人に無理を強いるようなやり方はしたくない。

時には「放置」も、ある種の「趣味への理解」であることを理解する必要もある。

自分の「好き」と相手の「興味」をすり合わせるのはいつだって試行錯誤だし、葛藤するし、感動して喜んでくれれば嬉しい。

 

疑われる「ひとりディズニー」

オタクはひとりでディズニーに行くことも多いし、それをSNSでネタにすることも多いが、恋人がいると時折浮気を疑われることがある。

「ひとりでディズニーランドに行く男」という存在、いや男に限らず「ひとりでディズニーランドに行く人間」が理解できない人たちがこの世にはまだたくさんいるからだ。

 

Dオタにとってディズニーリゾートは「特別な場所」であると同時に「日常的な遊び場」でもある。

特に地方に住んでいたりすると異様に特別感が増してしまって、「恋人」もしくは「仲のいい友達グループで行く場所」とハードルが上がる。少なくとも「ひとり」だったり「付き合ってもない異性の友達とふたりで」行くような場所ではないと思われている。

でもDオタにとってはそこらへんのハードルはかなり低くて、ひとりでももちろん、異性同性問わずに気軽に遊びに行く場所になっている。

ここら辺の考え方の違いも、理解してもらうには時間がかかる場合がある。

 

最悪なのは前述した「一緒にディズニーに行くのに付き合わされるのはうんざり」という考え方と「ひとりでディズニーに行くなんておかしい」という両方の考えを持っている場合だ。

一緒にも行ってくれないし、ひとりでも行けない 笑

僕みたいに、一緒にパークに行くようなオタク友達のいない地方のDオタは、途端に自分の趣味が制限されてしまい、関係が悪くなる。

 

うまく付き合っていく方法はまだわからない

まぁ、上記の内容はあくまで「そういう女性と付きあったこともあった」という程度だ。今となっては恨んでもいないし、そのほか様々な要因があって別れるべくして別れたと思う。

 

一方、今付き合っている恋人も、Dオタではない。

ないけど、僕が勧めた映画は時間がないない言いながら見てくれるし、一緒にパークに行けば楽しんでくれるし、文句も言わずカナダやアナハイムにまで付き合ってくれる。

会えない期間が長くても、ひとりディズニーにも文句を言わないし、D23 EXPOのために仕事をやめても、そのままカナダに来てワーホリを始めても、僕を尊重してくれる。

現状カナダと日本との遠距離恋愛中で、どれだけの負担をかけているか、僕には想像もつかない。

そんなに難しく考えることでもないじゃん、といえばそうなのだけど、命に関わるようなことでもないからこそ、エゴを押し付けやすくなってしまうから気をつけないと一歩間違えれば終わってしまうような怖さもある。

これが正しい付き合い方なのかもわからないし、エゴを押し付けすぎている気もするし、本当は楽しくないんじゃないかなと不安になったりもする。

こんなにぎこちなく不安定な僕を受け入れてくれている今の恋人には感謝しかない。

 

f:id:s_ahhyo:20180529084822j:plain

↓恋人と2人で行ったアナハイム旅行記↓

www.sun-ahhyo.info

 

恋人との付き合い方は、オタクにとっては自分のエゴとの付き合い方でもあると思う。

苦手なコミュニケーションが鍛えられる場でもあるし、興味の薄い相手に感動を与えることができる最高のプレゼンテーションの場でもある。

「恋人と趣味のどちらを取るのか」とか、そんな話ではなく、どちらも好きな自分をどんな形で伝えるか、どう距離をとって放置するのかというコミュニケーション。

これからもその情熱をひたすらぶつけるのではなく、試行錯誤しながらより楽しい毎日を模索していきたい。

 

おれは幸せだぜ、ベイビー。

 

おまけ

magiceverywhere.hatenablog.com

恋人はDオタではないので人生に一度の結婚式にどんな理想を抱いているかはわからないけど、オタクのエゴだけで言えば、アウラニでFTWしたい。

 

Disney PARKS PERFECT GUIDEBOOK 2018 (DISNEY FAN MOOK)

Disney PARKS PERFECT GUIDEBOOK 2018 (DISNEY FAN MOOK)

 

 

 

関連記事

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info