生きていくなんてわけないよ

とあるディズニーオタの要らんことしいの知らんこと言いのブログ

シアトルのMoPOPこと『Museum of POP Culture』がいろんな方面のオタクにおすすめだった。

たまたまシフトが3連休だったのでシアトルに行って来ました。

 

ビクトリアからシアトルはフェリーで3時間ほどという近さで、入国審査もろもろ鑑みても飛行機などで行くよりも楽ということと、海路での入国も一度体験してみたかったので、もうすぐワーホリ終了(あと2週間)のタイミングでやって来ました。

 

 

本日はその2日目に行った「Museum of POP Culture」(以下略称のMoPOP)という美術館を紹介します。

f:id:s_ahhyo:20180724110428j:plain 

 

まともに調べず、こちらに来てから「どこ行こうかなぁ〜」と軽くググり、せっかくなのでスペースニードルでも見るかな、と「シアトルセンター」と呼ばれる1962年の万国博覧会が開催されたエリアへ行き、現地で心惹かれ入場しました。

 

本当に、いろんなジャンルのオタク、特に映画オタクが歓喜する内容盛りだくさんでした!

 

目次

モノレールオタクへおすすめ

f:id:s_ahhyo:20180724110422j:plain

今回はシアトルダウンタウンの中心から一駅だけのモノレールに乗って行きました。

 

というのもやっぱりディズニーオタクはモノレールと切っても切り離せないところがあるので「せっかくモノレールがあるんだから乗ろう」という単純な理由からです。

f:id:s_ahhyo:20180724110423j:plain

1962年のシアトル万国博覧会の時に作られたモノレールで、古く、歴史を感じますが、それはすなわちディズニーランドやニューヨーク世界博、ウォルトディズニーワールドと同じような時間を生きたモノレールということなので、ディズニーオタクにとってはかなりの刺激になるかと思います。

f:id:s_ahhyo:20180724110424j:plain

 

そしておススメであるポイントをもう一つ。

バスを乗り継いでもいけるとは思いますが、ここは絶対モノレール!という理由があります。

 

というのも、このモノレールがMoPOPの建物を貫通しているから。

まるでウォルトディズニーワールドのコンテンポラリーリゾートのよう。

僕は知らずに乗って、建物を通過したのでめちゃくちゃ興奮しました。

f:id:s_ahhyo:20180724110431j:plain

コンテンポラリーリゾートのように建物内部には入りませんし、駅自体もちょっと離れていますが、建物がモノレールを覆うように設計されています。

 

 

建築オタへおすすめ

そして外観です。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110426j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110429j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110430j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110432j:plain

独特すぎてどの角度の写真が正解なのかわかりません。
 

 

この建物何かに雰囲気似てるなぁと思ってピンと来たのが「ウォルト・ディズニー・コンサートホール」

Walt Disney Concert Hall, LA, CA, jjron 22.03.2012.jpg
By jjron - 投稿者自身による作品; stitched panorama from seven original images, GFDL 1.2, Link

ウォルト・ディズニー・コンサートホール - Wikipedia

 

そして、その勘は正しく、設計は同じくフランク・ゲーリーでした。

建築に詳しいわけでもない僕でも知っているアーティストの建物。

普通に全然違う建物だけど、やっぱり設計者のデザインには個性が出るよね。

 

ちなみに次の日スペースニードルから眺めたのがこちら。

f:id:s_ahhyo:20180725040634j:plain

デパ地下の1粒500円のチョコレートみたい。

どこから眺めても正解でどこから眺めても不正解という感じがする。

 

 

すぐ近くには科学未来館のような、体験型アートもあり、子供達が楽しそうに遊んでいます。

f:id:s_ahhyo:20180724110425j:plain

ポップカルチャーのミュージアムなため、BGMはロックミュージック。

僕が到着した時はBugglesのVideo Killed Radio Star(「ラジオスターの悲劇」)でした。雰囲気合いまくり。

 

 

Frank O. Gehry: The Complete Works

Frank O. Gehry: The Complete Works

 

 

入場を決めた理由

外観だけ写真撮って移動するかなとうろうろしてると、何やらバナーを発見し、よく見てみると「WORLD PREMIER EXHIBITION MARVEL UNIVERSE OF SUPER HEROES」の文字が。

 

「あ、行きます」

 

って感じ。

 

中に入ってみるといきなりロックバンドのTシャツのお土産が並び、奥には映画関係のオモチャも並び、テンションが上がりました。

f:id:s_ahhyo:20180724110433j:plain

 

ロックオタにおすすめ

チケットを買い入場するといきなり巨大スクリーンがお出迎えし、いろんなイベントの紹介やロックアーティストのPVが流れたりします。

f:id:s_ahhyo:20180724110434j:plain

ロックといいながら写真がジョン・ウィリアムズですみません。

 

そしてその後ろにはギターを多数駆使したアート作品があります。圧巻。

f:id:s_ahhyo:20180724110435j:plain

よく見るとベースやマンドリンはもちろん、キーボードとかドラムセットもあるね。

 

シアトルを代表するアーティストとして有名なのがNIRVANAとJIMI HENDRIX。

僕自身はジミヘンは通ってないのですが、NIRVANAは大好きなバンドです。

漫画『BECK』に出て来た、カート・コバーンが自殺した家もその横の公園も前日に行って来ました。

 

一方でこのMoPOPはというと、NIRVANAやジミヘンのゆかりの品々が展示してあります。

f:id:s_ahhyo:20180724110438j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110439j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110440j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110441j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110442j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110443j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110444j:plain

ニルヴァーナの方は時代を追いながらしっかり目に展示されていて、影響を受けたアーティストや影響を与えたアーティストもちょこっと紹介してました。

ぶっ壊されたギターや、カートがよく着ていたカーディガンやインディーズ時代のカセットテープなんかも展示してあるのがすごかった。

IN UTERO

IN UTERO

 

 

 

ジミヘン。

f:id:s_ahhyo:20180724110437j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110445j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110446j:plain

 

ゲームオタにおすすめ

ロックミュージック関連展示の向かいに普通にNintendo Switchが置いてありました。ちゃんと見てはないのですが、その隣には任天堂提供のゲーム関連ブースが。

f:id:s_ahhyo:20180724110436j:plain

内装がすごかったです。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110447j:plain

機材搬入用と思われるエレベーターもこの通り。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch

 

 

ファンタジー映画オタにおすすめ

ここから先は主に映画について言及されて行きます。

まずはファンタジーのコーナー。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110449j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110448j:plain

もう入口がこれなのよ。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110450j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110452j:plain

「オズの魔法使い」ドロシーの衣装と悪い魔女の帽子

 

f:id:s_ahhyo:20180724110451j:plain

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」シリウス・ブラックのコートや

 

f:id:s_ahhyo:20180724110455j:plain

「ロード・オブ・ザ・リング」の武器など

 

f:id:s_ahhyo:20180724110457j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110456j:plain

ディズニー関連ではメリダのイラストや「ナルニア国物語」の雪の女王のヘッドセットがありました。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110453j:plain

なんかドラゴンもいます。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110454j:plain

美術館だけど、雰囲気がテーマパークですよ。

 

 

オズの魔法使 [Blu-ray]

オズの魔法使 [Blu-ray]

 
ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステ ンデッド・エディション トリロジー(15枚組) [Blu-ray]

ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステ ンデッド・エディション トリロジー(15枚組) [Blu-ray]

 

 

ホラー映画オタにおすすめ

ファンタジー部屋の隣はホラー部屋になっていたのですが、入口から「お化け屋敷みたいに驚かされたら嫌だな・・・」と思い、SFのコーナーへ行きました。

するとSFコーナーとホラーコーナーが地下で繋がってました。

(結局ホラーコーナーがどういう入口だったのかはわからない)

 

※以下ホラー注意!!

スキップする

 

 

 

 

f:id:s_ahhyo:20180724110458j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110459j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110500j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110501j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110502j:plain

「ブレイド」ってホラーなの?

 

f:id:s_ahhyo:20180724110503j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110505j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110504j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110506j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110507j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110508j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110509j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110510j:plain

 

 

 

普段ホラー見ないんでキャラクターとかはサッパリですが、マジで怖かったです。

 

 

エイリアン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

エイリアン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 
13日の金曜日 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

13日の金曜日 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 

 

 

 

SF映画オタにおすすめ

ということでSFコーナー!

 

f:id:s_ahhyo:20180724110511j:plain

いきなりターミネーターからのスタートです。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110512j:plain

「スター・ウォーズ」のグリード(ハン・ソロを狙う賞金首)

 

f:id:s_ahhyo:20180725040150j:plain
ジャワ族もいました。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110514j:plain

タトゥイーンのモデルも。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110515j:plain

マーズ・アタック!なども。

 

f:id:s_ahhyo:20180725040140j:plain

バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2のホバーボード!

 

スタートレックとかもありましたが全然知らないので写真撮ってません。

宇宙船のコックピットや武器コーナーも。

f:id:s_ahhyo:20180724110516j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110519j:plain

 

ロボットや宇宙船のデザインの違いなどもありました。

さりげなくウォーリー。

f:id:s_ahhyo:20180724110518j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110517j:plain

 

マーズ・アタック! [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

マーズ・アタック! [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 
バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー・デラックス・エディション ブルーレイBOX [Blu-ray]
 

 

マーベル展示へ

そして最後に期間限定の企画展示「WORLD PREMIER EXHIBITION MARVEL UNIVERSE OF SUPER HEROES」へ。

バンクーバー行った時の「Science behind Pixar」もそうだけど自分本当にこういうのタイミングがいいなと思います。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110520j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110521j:plain

入る前からソーとハルクがお出迎え。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110522j:plain

そしてコミックが売っているニューススタンド風のチケットカウンター。

僕は入り口でセットになっている入場券を買いましたが、とりあえず入ってから「やっぱりこれも見たい」と思った場合もここで買えます(値段がどうなるかはわからんが)

 

f:id:s_ahhyo:20180724110523j:plain

5分ほどのムービーでマーベルコミックスのヒーローの歴史をおさらいして。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110524j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110525j:plain

コミックス初期のキャプテン・アメリカ

 

 

f:id:s_ahhyo:20180724110526j:plain

ファンタスティック・フォー

おそらく権利の関係でコミックス版だけの展示です。

こちらの窓は待っていると他のヒーローがやって来ます。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110527j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110528j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110529j:plain

ブラックパンサー

 

f:id:s_ahhyo:20180724110530j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110531j:plain

スパイダーマン

 

f:id:s_ahhyo:20180724110532j:plain

ソー

 

f:id:s_ahhyo:20180724110533j:plain

アントマン

 

f:id:s_ahhyo:20180725040130j:plain

アイアンマン

 

f:id:s_ahhyo:20180725040111j:plain

香港や上海のディズニーランドにある「Become Ironman」というインタラクティブゲームもありました。操作の声はJ.A.R.V.I.S(ヴィジョン)役ポール・ベタニー。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110537j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110536j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110535j:plain

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

 

f:id:s_ahhyo:20180725040121j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110538j:plain

再びキャプテン・アメリカ。こちらは映画版。

 

f:id:s_ahhyo:20180725040644j:plain

ホークアイとブラックウィドウとヴィジョンはなんかまとめられてました 笑

f:id:s_ahhyo:20180725041128j:plain

キャプテンマーベルのコーナーもあり。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110540j:plain

階段を降りるとミズ・マーベル。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110541j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110539j:plain

そして(観てないから知らないけど)インヒューマンズの犬!

 

f:id:s_ahhyo:20180724110542j:plain

X-メンのコーナーは権利の関係かコミックスと歴史の展示だけでした。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110543j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110544j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110545j:plain

そしてかなり力が入っていたドクター・ストレンジのコーナー。

 

f:id:s_ahhyo:20180725040654j:plain

ここから先はTVシリーズの衣装なども展示されています。

「エージェント・オブ・シールド」のゴーストライダー衣装

 

f:id:s_ahhyo:20180724110546j:plain

f:id:s_ahhyo:20180724110547j:plain

Netflix配信の「デアデビル」

 

f:id:s_ahhyo:20180724110548j:plain

同じくNetflix配信「ルーク・ケイジ」地味にこれが一番テンション上がった。

 

君の好きなヒーローに投票してね!というコーナーもありました。

隣のモニターでリアルタイムで結果が出ます。おもしろい。

 

f:id:s_ahhyo:20180724110549j:plain

最後にコミックスが無料で読めるコーナー 笑

誰もいなかったけどな!

 

まとめ

MoPOPはいいぞ。

 

マーベルは期間限定ですが、それを差し置いても楽しめると思います!

シアトルへ訪れた時は是非シアトルセンター、そしてMoPOPへ!

 

www.mopop.org

 

 関連記事

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info