『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』第10話「ゲームでファイト!」感想

第10話。

小ネタがwww多いwwww

ゲームあんまりやり込まない人間なので、ストリートファイターとかやってこなかったのをちょっと後悔している 笑

 

 

ストーリー

スースお気に入りのゲームセンターへやってきたミステリーハウス一行。ディッパーとウェンディは「ファイトファイターズ」という格闘ゲームで遊んでいたところ、ライブの告知のためにビラを貼っていたロビーに出くわす。前回晴れてカップルになった二人にゲームの順番を譲り、後ろで見守るディッパーは嫉妬心を抱く。

翌日ウェンディ不在にも関わらず大音量でギターを演奏しながら会いにきたロビーにディッパーは文句を言いに行くが、言いがかりをつけられ揉めてしまい、午後に決闘する羽目になってしまう。意気地なしのディッパーは決闘の時間が過ぎるまでゲームセンターへと逃げ隠れることにする。

「ファイトファイターズ」をしながら時間を潰すディッパーはコインを落とした際にゲーム機の横に隠れコマンドが書かれてあることに気づく。半信半疑で入力してみると、ゲーム機の中から戦士ランブル・マクスカーミッシュが飛び出してきてしまう。

ディッパーはランブルをロビーに会わせ、怯えさせて決闘を諦めさせることを思いつく。

 

沸騰するアップルフリッター!

うんち!うんちとケツ!!

 

また父を殺したな!」からず〜〜っとツッコミどころ。

ず〜〜っとふざけてて面白い。ノリノリで脚本書いたんだろうな 笑

 

まぁストリートファイターのパロディがめちゃくちゃ盛り込まれてるので、やりこんだ人は面白いと思います。車潰すボーナスステージのやつとか 笑

 

あとビルの壁を使って樽とか落とす奴は「ドンキーコング」ですね 笑

 

横スクロールで水道管壊したりするシーンは「くにおくん」を思い出したりもしましたが、アメリカでも「River City Ransom」って名前で発売されてるらしいですね。

調べたところ、例のシーンはカプコンの「ファイナルファイト」に近いのかな?

 

今回元ネタ調べようと思って英語で色々ググってたらグラビティフォールズのパロディ元ネタの意見出し合うサイトを見つけて、他の回も結構パロディ多そうでまた見返したい 笑

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

 

 

ファイヤボゥ!アッパーカッ!ダウナーカッ!フルーツ・パンチ!!

スースがゲームセンターで「ゲームの中に入るのってどんな気分なんだろう」というシーン。

その時にプレイしてるのが、2台の一輪車が並走して、もう片方の一輪車を転ばして倒すゲーム。そして名前が「Nort」

完全にディズニー映画『トロン』そして映画内ゲーム「ライトサイクル」のオマージュです 笑

『トロン』もゲームの中(というか実際はゲームやいろんなコンピュータの回線などがつながっている総合ネットワークの内部)に入り込む映画です。

トロン:オリジナル [Blu-ray]

トロン:オリジナル [Blu-ray]

 

 

スーパー・パワー・ニンジャ・ターボ・ネオ・ウルトラ・ハイパー・メガ・マルチ・アルファ・メタ・エクストラ・ウーバー・プレフィックス・コンボ!!!

 

同時進行でメイベルがスタンの高所恐怖症を治すくだりがあるんだけど、いまいち。

全部ディッパーのゲーセンネタに持って行かれてます。

スタンは超常現象に(面と向かっては)直面したことがないので、とりあえず今回もランブルの存在を見たりはしない感じでした。

 

それを差し置いてもディッパーのパートが面白いのでOKなんですけどね。

Gravity Falls: Journal 3

Gravity Falls: Journal 3

  • 作者: Alex Hirsch,Rob Renzetti,Andy Gonsalves,Stephanie Ramirez
  • 出版社/メーカー: Disney Press
  • 発売日: 2016/07/26
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る
 

 

関連記事

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info