『ちいさなプリンセス ソフィア』第23話「にんぎょのともだち(後編)」感想

後編!

まぁ間違いなく出てきますよね、彼女が。

 

ちいさなプリンセス ソフィア/にんぎょの ともだち [DVD]

ちいさなプリンセス ソフィア/にんぎょの ともだち [DVD]

 

 

 前回の記事

www.sun-ahhyo.info

 

 

ストーリー

人魚のウーナ王女と友達になったソフィアだったが、メロウェー・コーブの人魚たちと人間との間には深い確執があった。エンチャンシア王国の船に不安を覚えた女王の相談役プランクは、女王の三又の矛を使い嵐をおこして船を沈めようと提案する。ソフィアはそれを止めるため、正体を明かして説得を試みるが、船をメロウェー・コーブから離し、二度と戻ってこないという条件を言い渡される。

ソフィアはウーナとともに急いで船へ戻ろうとするが、途中ウーナの「魔法の櫛」を狙うシーモンスターに変身したセドリックに誘拐されてしまう。

人魚たちにも、ローランド国王たちにも話を全く信じてもらえないソフィアは一人でウーナを助けようとするが失敗してしまい途方にくれるのであった。

 

解決編

ソフィアが不憫・・・。これに尽きる。

人魚には魔女だと罵られ、大切な人の命を脅かされそうになっている、いっぽうで国王たちは呑気に「嘘でしょ?それが本当なら人魚に会わせてよ」と野次馬根性丸出し。

そんな板挟み状態で助けてくれるのはどうぶつの友達だけ・・・というソフィアの不憫さ。まだ10歳にもなってない女の子でしょうに、ディズニーがプリンセスが背負わせるものの大きさがとてつもない。

 

「助けてもらえるのはどうぶつの友達だけ」って部分も『リトル・マーメイド』のセバスチャン、フランダー、スカットルのオマージュ的でもあるのでそれは良し。

 

プランクの言う「シーモンスターなど居るはずない、人間がウーナを攫ったんだ!」という予測も、シーモンスターの正体はセドリックだったわけで、誰も気づいてないけど正しいというね。プランクさんも嫌なやつだけど悪いやつではないという。

 

アリエル登場回

まぁこの人魚がたくさん出て来る展開でアリエルが出てこないほうが「嘘でしょ!?」ってなるわな。知ってた速報。

 

にしてもアリエル可愛すぎです。可愛すぎてあんまり歌の内容が頭に入ってこなかったけど「誰かに助けを求めてみたら?」みたいな内容だったと思います。

それは散々やった後で、別に『リトル・マーメイド』にそんなシーンがあったかと言うとなかったと思うのでスッと入りづらい曲でしたね。すずきまゆみさんは最高です。 

リトル・マーメイド (オリジナル・サウンドトラック)

リトル・マーメイド (オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Walt Disney Records
  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 
リトル・マーメイド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

リトル・マーメイド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 

王国をつなぐプリンセス、ソフィア!

少女に背負わせるには重すぎる宿命を知恵と勇気で乗り越え、断絶されていた国交までも回復してしまうソフィア。

もう君は世界一だよ・・・。

 

特別編ということもあってか、ちょっとした戦闘シーンとか、最後エマーリン女王が嵐を止めようとするシーンのアニメーションとかはかなり気合が入ってたように思います。