ディズニーオタは今のうちに『ダンボ』のblu-rayを買っといたほうがいいんじゃない?という話

Sponsored Link

ダンボ (吹替版)

とうとう、その時が来てしまった。

 

boardwalktimes.net

 

 

 

先月のニュース。

米国ディズニー主導で準備しているディズニーの配信サービス『Disney+』で、『南部の唄』の配信はなしという、「まぁそうだよな」なニュースにオマケで、1941年版アニメ『ダンボ』からカラスたちの一連のシーンが削除されることが発表された。

 

ダンボでの黒人差別描写

こちらが問題のシーンの一例。

どこからカットされどう繋がるのかは不明。

なぜこのシーンが問題なのかというと、このシーンでメインで歌っているカラスの名前が「ジム・クロウ(Jim Crow)」という名前で、かつて「ミンストレル・ショー」と呼ばれる「白人が黒塗りして黒人の真似をするコメディ」のキャラクター名と同じなのだ。

また「ジム・クロウ」は当時黒人差別を合法化していた州法の総称として「ジム・クロウ法」という風に使われていたりして、アフリカ系の方々にとっては当時の差別を想起させる非常に忌々しい名前なのだ。

また、このカラスのジム・クロウ役の声を担当したのがクリフ・エドワーズという白人男性(また『ピノキオ』のジミニー・クリケットの声優でもある)であり、他のカラスたちは黒人コーラスグループ。クリフ・エドワーズがリーダーとして黒人男性のステレオタイプな喋り方を真似ながら、黒人たちを従えているというのも批判的に捉えられている。

カラスたちはいわゆる「はぐれ者」として、同じく仲間はずれにされたダンボを手助けする役割を持つ「いいキャラクター」だが、『マジカルニグロ』という「白人の手助けをする黒人キャラクター」「白人を感動させるための黒人キャラクター」としての批判を受けることもある。

 

このシーンの削除に関しては、ディズニーならやりかねない、というかディズニーだからこそやるんだろうな、というのは理解できるのだけど、ちょっとショックすぎる話。

『南部の唄』はVHS以降販売中止になっているし、『ファンタジア』の黒人キャラクター、サンフラワーなども現在販売されているソフトではカットされて観ることができない。(パブリックドメイン版なら可能っぽい)

 

『南部の唄』が世代じゃないから幻の作品扱いなのに対して、『ダンボ』は長く親しんだ映画だ。ディズニーとして排除したい意思も理解はできるけれど、やりきれない。

 

 

本当にそうですよ。*1

 

ピノキオ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ピノキオ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 

2019年5月現在の状況

現状日本で配信されている『DisneyDELUXE』の『ダンボ』は通常版。

それでも日本だけ空気読まずに配信し続けることは考えられないから、米国に準じてそのうち切り替わるのだろう。

 

現行で発売されているblu-rayはこちら。

ダンボ [Blu-ray]

ダンボ [Blu-ray]

 

 

このソフトがMovieNEXではないので、私個人の予想としては、おそらく実写版『ダンボ』のblu-ray化のタイミングで、抱き合わせでMovieNEXが同時発売されるのだろうと思っている。

そのタイミングで映像そのものがカラスのシーン削除版に切り替わるかもしれない。

 

日本は基本的に米国で出来上がったものをそのまま流すだろうから、MovieNEX化のタイミングで、米国から削除済みのバージョンが上がって来ていれば、ジム・クロウの"When I see an elephant fly"が観れるのは現状発売されているblu-rayが最後になるだろう。

 

MovieNEXが出るとして、現状販売されているblu-rayに追加で特典映像がつくなんていうのはあまり期待できないし、映像がより美しくなるとも思えない。

一方でDVDやデジタルコピーが付属する分値段は上がり、メリットは他のMovieNEXとお揃いの白いアウターケースになる・・・というくらい。

「ジム・クロウのシーンが削除されるかもしれない」ということを考えると、今のうちに現状のblu-rayを購入しておくのが懸命かもしれない。

まぁ、結果はまだわからないのだが。そもそもMovieNEXなんか出しませーん、なんてこともありえるし。

詳細が確定し次第、追記はしていこうと思う。

 

 

 

 

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info

 

 

*1:マルティンとはレナード・マルティンのこと。アメリカ人映画評論家で映画・アニメーションの歴史研究家。『ディズニー・トレジャーズ』など様々なディズニー作品の特典映像で作品解説やコメントを残している。