パクチーは英語でcoriander?それともcilantro?

Sponsored Link

こんにちは、すんです!

いきなりですが皆さん、パクチーって英語でなんて言うか知っていますか?

 

Yes, coriander!

 

ご存知の通りコリアンダーです。辞書で調べても載ってるし、僕もカナダに来るまではコリアンダーで覚えてました。

ちなみに「パクチー」はタイ語です。

 

※こちらの記事は姉妹サイト『ディズカリ!!』に過去に掲載した記事を移行・リライトしたものです。掲載当時と内容が大きく変わっている部分がございますのでご了承ください。

 

目次

 

事の始まりはバイリンガールちかさんの動画

では続いてこちらの動画をご覧ください。(2分40秒くらいのところ)

(バイリンガールちかさん、いつも勉強させていただいてます)

blog.livedoor.jp

ん、cilantroってなんだ?

 

カナダに来て、語学学校の友達にちかさんのYouTubeチャンネルを教えてもらい、流し見ていたうちの一つにこの動画がありました。

Wikipediaで調べると「アメリカ合衆国ではスペイン語由来の『cilantro』が一般的」とのこと。

そのときは「ふーん」くらいに思っていました。

 

ネイティブに聞いてみた

先日学校のスピーキングクラスで「あなたの一番好きな食べ物、一番嫌いな食べ物についてパートナーと話してみよう」というアクティビティがありました。そこで日本人のクラスメイトが「パクチーって英語でなんて言うんだっけ・・・?」と聞いてきました。

 

その時に改めて「cilantro」が思い出せず「えっと、corianderなんだけど、、corianderじゃなくて、、、」って感じになってしまいました。

 

後日改めてちかさんの動画を確認して、授業が始まる前に先生(カナダ人/元・言語学の大学教師)に聞いてみました。

 

僕「corianderとcilantro、先生はどっち使う?」

 

先生「うーん、緑色の葉っぱの部分は『cilantro』って呼ぶし、種の部分は『coriander』って言うかな

 

とのことでした!

 

確かに「コリアンダーシード」っていうスパイスあるもんね。日本でもパクチーっていうと葉っぱのイメージで、コリアンダーっていうと種のイメージだ。

 

イギリスではcorianderでOK

前述した通り、cilantroはスペイン語の「culantro」から来たアメリカ英語とのことで、イギリスなどでは一般的ではないみたいです。
メキシコ人がサルサなどにパクチーをよく使うので、そこから広まった感じですね。

なので、「coriander」をツイッターでツイート検索をすると、EnglandやU.Kと書いたアカウントがパクチーの葉の部分の写真とともにアップしていたりします。

多分アメリカやカナダでも「coriander」という言葉自体は存在するので伝わるとは思うのですが、あまり一般的な呼称ではないので、もしかしたらレストランで誤解が起きるかもしれないですね。

オーストラリアではcorianderなのかなー?フィリピンとかは独自の呼び方がありそう。

 

アメリカでもパクチー入りの料理はよくある

日本でいうとパクチーはタイ料理のイメージですが、中華料理とかにも結構普通に入ってるので、日本以外では割と広く使われている食材です。

f:id:s_ahhyo:20200412153755j:plain

The Noodle Boxというチェーン店のタイ風やきそば。パクチーしっかり入ってます。


アメリカやカナダも移民の国なので、現地のいかにもアメリカンなレストランでもAsian StyleだったりAsian Flavorだったり、調理法がアジア風になればパクチーが入ってることも多いです。またメキシカンやハワイアンの料理にもよく使われています。

いちばん身近な例でいうとサブウェイですね。

f:id:s_ahhyo:20200412153358j:plain



パクチーが最初から入ってるサンドイッチがあるかどうかは定かではないですが、一応サブウェイに用意はあるみたいです。


また、この写真を撮った際の僕がそうだったのですが、野菜がどれがどれなのかわからなくて結果「全部入れていいよ」って言ったら、パクチーは入っていなかったのですが大量のハラペーニョが入っていて死にかけたことがあります。

 

なので、苦手な方はオーダーする前に確認してからのほうがよさそうですね!

 

おまけ:ホワイトビールって知ってる?

日本でもちょっと前にレーベンブロイが出していた「ホワイトベルグ」が流行りましたよね。

サッポロ ホワイトベルグ [ 350ml×24本 ]

サッポロ ホワイトベルグ [ 350ml×24本 ]

  • 発売日: 2014/05/13
  • メディア: 食品&飲料
 

 

名前の通り白いビールかと思いきや、そんなに白くはなく、ちゃんと黄色いのですが。


なんでこのビールを今回紹介するのかというと、このビール、風味づけにコリアンダーが使われているんですね。そのほかオレンジピール(オレンジの皮)とか。
コリアンダーということで癖が強いかと思いきやそんなこともなく(スパイスの不思議な味はしますが)おいしいです。


日本の辛口なビールが大好き!というような方はちょっとテイストが違うかもしれませんが、カクテルとか好きな方にはすっきり飲みやすい感じになっています。

 

飲んだことない人は是非トライして見てください!

ちなみにオススメというか、いわゆるホワイトビールの代表と言われているのはベルギー産のヒューガルデンホワイトです。

他にもアメリカやカナダの原産の「ブルームーン」というホワイトビールがあって、日本ではよく見かけたのですが、こっちのリカーストアではまだ見つけられていません。いつか挑戦したいです!

 

(追記:2017年11月)「ブルームーン」はない?

ビクトリアのリカーショップで「ブルームーン」ある?と聞いたところ、「見たことも聞いたこともない」と言われました 笑 なんでだ・・・


その代わりと言われて出されたのが「ベルジャンムーン」というホワイトビール。

f:id:s_ahhyo:20200412153627j:plain


どう見てもパクリですありがとうございました。


ということでカナダ(少なくともビクトリアでは)ブルームーンは手に入らなそうなので、是非こちらをお試しください!

 

ルッコラは英語で・・・

 Rocket? or Arugula?

www.sun-ahhyo.info

 

 

関連記事

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info