『ピーター・パン2/ネバーランドの秘密』現実主義者である「大人の」私たちへ。

ここ最近、日本版ディズニー+から『ピーター・パン2/ネバーランドの秘密』が消えるだの、やっぱり消えないだの、すったもんだあったらしい。 ディズニー・トゥーン・スタジオ制作の続編映画はこき下ろし&観ず嫌いがちな私だが、『ピーター・パン2』は意外…

【雑記】YouTube&Instagram始め(てい)ました。

盛り上がりに欠けるのよ。 というわけで、久々に映画感想でもなんでもない記事です。 たまにはいいよね。 目次 目次 YouTubeチャンネル"Dingletuber" Instagram Twitterも おすすめ記事 YouTubeチャンネル"Dingletuber" www.youtube.com 今年の6月にYoutTube…

興奮と失望の揺さぶり。Disney+『モンスターズ・ワーク』とは何だったのか。

ピクサー製作『モンスターズ・インク』のその後を描くDisney+リミテッドアニメシリーズ『モンスターズ・ワーク』(原題:Monsters at Work)が2021年7月9日より日本でも配信され、全10話で先日終了した。 かねてからの『モンスターズ・インク』『モンスター…

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』「ありのまま」は負の面をも受け入れること。

『ブラック・ウィドウ』の感想も、早く書こうね。 というわけで、観て来たぜ『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 IMAXで観るのは『アナと雪の女王2』以来な気がするな。 で、この『シャン・チー』 主演はほぼ無名のアジア人俳優、コテコテのステレオタイ…

『フリー・ガイ』自由のための戦い。そして「ディズニー的在り方」への肯定と否定。

2021年日本で劇場公開された20世紀スタジオ作品としては『ノマドランド』以来の2作目となる本作『フリー・ガイ』 20世紀FOXがディズニーに買収されてしまった後、日本法人もウォルト・ディズニー・ジャパンに吸収され、よくある流れで本作は配信かDVDスルー…

『スペース・プレイヤーズ』待望の続編。しかし感じるのは、可能性より「限界」

違う。 私が求めていたものとあまりにも違う。 いや、お前の求めてるものなんか知らんわという読者の声が聞こえてくるが、ちょっと待ってほしい。 1996年に制作されたワーナー・ブラザースの名作『スペース・ジャム』 その続編にあたる『スペース・プレイヤ…

映画『ジャングル・クルーズ』見え隠れする「海賊」の影。信念はどこに?

実写版映画『ジャングル・クルーズ』を観た。 私にしては結構期待していたのである。 そして、これもまた典型的なパターンなのだが、 期待してた分、期待値にはなかなか届かないのである。 (もう私のブログをよく読んでくれている方にはお馴染みだよね) 断…

『ラマになった王様』見くびるな、これはただのコメディではない。

2000年代のウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ作品は商業的にはかなり苦戦していた、いわゆる「暗黒期」と呼ばれていた時代である。だが、奇妙で面白い作品がたくさん産まれたという点では、かなり豊作の時代だったように思う。 いつか「パッと…

ディズニー・アニマル・キングダムを楽しむための7作

ジャンボ!ハバリ? オーランドに行きたくて死にそうです。 みんなもそうだろ? ってことで、コロナ禍の現在 日本はかなりスローペースでのワクチン接種となり (やっと始まったけどオリンピックのためにボランティアにワクチン回すとかで足りなくなったらし…

『あの夏のルカ』大胆な想像力と繊細な心情描写。少年たちが選んだ未来。

非常にシンプルな映画である。 メッセージ性もそれほど強くない。 だからこそ心に訴えかける感動はよりダイレクトなものになる。 2021年6月18日にDisney+で配信開始されたピクサー長編最新作『あの夏のルカ』(原題:Luca)はそういう映画だった。 96分に凝縮…

ディズニー初期のオムニバス長編って、実際どうなの?

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオには暗黒期が3回ある。 1回目がウォルト時代の1942年ごろから『シンデレラ』が発表される1950年ごろまで、 2回目はウォルトの死後、1970年ごろから『リトル・マーメイド』で復活する1989年ごろまで、 そして3…

『クルエラ』先読み不可能で魅力的、邪道で王道なディズニー実写化最高傑作。

こんなにおもしろいなら、早く言ってくれればよかったのに。 毎度のように私は 「公開日が近づくと期待値がダダ下がりしており「どうせ大したことないんでしょ?」みたいなツイートをしてしまう病」を発症しており、 特に今回は公開されていたトレーラーから…

【スピッツ・その4】スピッツのおすすめをさらに10曲紹介する

3年前、スピッツの曲を3回にわたり30曲ほど紹介した。 その後2019年にスピッツのサブスク配信がスタートしたため、お気に入りの曲でのプレイリスト作成がより容易になったことから、 気づけばスピッツのお気に入り50曲入りプレイリストが4つも完成してしま…

『白雪姫』が描く生きた感情表現。悪に打ち勝つのは、愛と人間らしさ。

1937年、すべての始まりとも言える世界初の長編カラーアニメーション映画が誕生する。 ウォルト・ディズニー制作『白雪姫』(原題:Snow White and the Seven Dwarfs)である。 目次 目次 すべての長編アニメーション映画の元祖 果たしてテーマは「真実の愛」…

【MCUに出てくる楽曲まとめ その5】アイアンマン/スパイダーマン:ホームカミング

鬼クソひさしぶりですが、地味にアクセスのあるMCUで流れる既存曲紹介シリーズです。 なんでこの2作やねん、というと とりあえずDisney+にないやつからやっていこうかなと思ったというだけです。 目次 目次 アイアンマン Back In Black / AC/DC Damn Kid / D…

ピクサーの監督を語る その3:ブラッド・バード

主要な人材の紹介が終わりつつある。 長らくお待たせしてしました。 というわけでこのブログではジョン・ラセター以上に語る機会の多い、ブラッド・バード監督を今回は紹介します。 紹介するっていっても、もっと詳しい人はいくらでもいるのだろうけど。 映…

『ノマドランド』居場所を見つけるためには、居場所を捨てなければいけない。

ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞、 そしてアカデミー賞作品賞最有力候補である、 サーチライト・ピクチャーズ制作『ノマドランド』を観た。 21世紀FOXがディズニーに買収され、20世紀スタジオ、サーチライト・ピクチャーズがディズニーのものとなって早1年。…

【USJ】スーパーニンテンドーワールドのテクニカルリハーサルを楽しんできた その2

USJ

本日3月18日、USJのスーパーニンテンドーワールドがグランドオープンということで、 前回記事を書いた後になりますが、 またテクニカルリハーサルで遊びにいってきたので その様子を再び紹介しようと思います。 結局テクニカルリハーサルには計3度、行けまし…

『ラーヤと龍の王国』信じることは「理解すること」未来を見据えた現代の物語。

ディズニー配給の劇場公開作品としてはピクサーの『2分の1の魔法』以来、 ウォルトディズニーアニメーションスタジオ作品としては一昨年の『アナと雪の女王2』以来となる新作映画『ラーヤと龍の王国』(原題:Raya and the Last Dragon)を観た。 本作は劇場…

【USJ】スーパーニンテンドーワールドのテクニカルリハーサルを楽しんできた その1

USJ

1月末と2月中旬に2回、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新エリア「スーパーニンテンドーワールド」のテクニカルリハーサルに行ってきました。 だいたいTDRだと「スニークプレビュー」とかUSJでもいままでは「ソフトオープン」とか呼ばれていた、グランド…

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』この世に生きる、すべてのチャーリー・ブラウンたちへ。

世間は映画に「ヒーロー的なもの」を求めすぎなのかもしれない。 映画がどれだけ魅力的かを測るときに、 「主人公は物語の中で何を成し遂げたか」という要素が基準になってしまうときがある。 そういうときに、この映画みたいに主人公が「具体的に何か」を成…

2020年11月〜12月に観た映画まとめ

一体誰が求めているのかは知らないよ。 それでも書くよ、自分のためだよ。 www.sun-ahhyo.info 目次 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ (ジャンプジェイブックスDIGITAL) 作者:吾峠呼世晴,矢島綾,ufotable 発売日: 2020/10/…

『スターガール』が描く「ありのまま」が本当に行き着く先。

遅ればせながら、ディズニー+オリジナルムービーの『スターガール』を観た。 米国のオーディションテレビ番組『アメリカズ・ゴット・タレント』で優勝した少女、グレース・ヴァンダーウォールが主演で、米国でヒットした同名の児童向け青春小説を映画化した…

ピクサーの監督を語る その2:アンドリュー・スタントン

というわけで、第2弾である。 アンドリュー・スタントンはディズニー界隈で有名というより、映画ファン・ドラマファンに有名な印象。 順当に行けば2番目はピート・ドクターだろって感じだが、彼はトリにとっておきたいな・・・という理由で、2番目はスタン…

『ソウルフル・ワールド』が問い直す生きる意味。何者でもないあなたでもいい。

2020年のクリスマス当日の17時。 ディズニープラスにとんでもない作品が投下された。 それがディズニー/ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』(原題:Soul)である。 ディズニー/ピクサーとしてのセオリーは着実に守りながら、 その内容はとても子供向…

すごいぞ!ハウス食品さん【カンベアドベント】

3年連続でフォロワーのユーキャンさんからお誘いを受けまして、 今年も参加させていただきます、カンべアドベント。 今年ばかりはどうにも忙しくて、あと一歩でユーキャンさんからのDMを無視するところでしたが、 DMの返信を返さずにさりげなく登録すること…

ピクサーの監督を語る その1:ジョン・ラセター

ピクサーの、監督について語りたいとずっと思っていた。 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ作品ほど多岐に渡らず(しかも初期はウォルトの意思が非常に強い)シンプルで、比較しやすいだろうという部分もあり、 CG作品というのもあり作画の癖…

『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』既視感を超えていくカタルシス。

(画像提供/PR TIMES) 久々にディズニー以外の映画を紹介する。 話題の映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』を観てきた。 『羅小黒戦記』とは中国の漫画家/アニメーション監督のMTJJが製作したWEB漫画、およびそれのアニメーション化作…

『オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり』ディズニールネサンス期の夜明け。

キャプテン・アメリカを演じた俳優として有名なクリス・エヴァンスの飼っている犬の名前が「ドジャー」であることを、つい先日知った。 クリス・エヴァンスは映画『ギフテッド』の撮影で訪れた収容施設でとある保護犬を引き取り、その犬に「ドジャー」と名前…

2020年8月〜10月に観た映画まとめ

観た映画まとめシリーズ、 滞ってるしなかなか映画館に足を運べていないんですが 記録しておこうと思います。 前回 www.sun-ahhyo.info www.sun-ahhyo.info 目次 目次 2分の1の魔法 ディック・ロングはなぜ死んだのか? フェアウェル TENET テネット mid90s …