【ビクトリア生活】夏限定の「Red Fish Blue Fish」へ行って来た。

Sponsored Link

2017年8月からカナダのブリティッシュ・コロンビア州ビクトリアにワーキングホリデーで丸1年滞在しました。当記事はその際の滞在記です。

 

※こちらの記事は姉妹サイト『ディズカリ!!』に過去に掲載した記事を移行・リライトしたものです。掲載当時と内容が大きく変わっている部分がございますのでご了承ください。

 

夏季のみ運営されているフィッシュ・アンド・チップスのお店、「Red Fish Blue Fish」へ行って来ました。
職場の同僚(カナダ人)が教えてくれて、夏になったら行きたいなーと思っていました。
案の定行ったのは1ヶ月くらい前のことで、今更かいって感じですが、ご紹介します 笑

 

目次

 

場所

場所はインナーハーバーの水上飛行機乗り場付近にあります。

運転免許センター(BCIDなどを発行してくれるところ)の向かいから海の方へ降りて行き、右手側にあります。


左手側にはこちらもチキンウィングが有名なお店「Flying Otter」があります。
「Red Fish Blue Fish」は行ってみるとこんな感じで。

f:id:s_ahhyo:20191015184620j:plain
超行列ができているのですぐわかります。

 

ビクトリアは夏と冬で人の量が全然違うので、ほとんど観光客や僕みたいな留学生だと思いますが、かなり混雑します。
迷った末、せっかくなので並ぶことにしました。

 

お店の雰囲気

f:id:s_ahhyo:20191015184700j:plain

窓が丸く、可愛らしい作りです。
テイクアウト形式なので名前を聞かれます。

 

カウンタータイプのお店なので店内などはありませんが、周囲には比較的たくさん椅子が置いてあります。


みんな落とさないようにハーバー沿いの手すりに置いて食べていました。


ビクトリアはちょっと歩けば公園も多いし、こういうテイクアウト形式でも困ることはあんまりないと思います。


とりあえずまだ6月だったこともあり、海風が寒かったですね。

 

メニュー

こちらがグランドメニュー。

f:id:s_ahhyo:20191015184635j:plain

 

また、日替わりメニューもあります。

f:id:s_ahhyo:20191015184648j:plain

野外店舗ですし、ブリティッシュコロンビア州は野外飲酒に厳しいのでお酒は置いてません。

 

無難にBCハリバットのフライにしました。が、高いので1Pだけに。


ビクトリアのローカルビール会社のフィリップスが作っているジンジャーエールも一緒に買いました。


20分ほど並んで注文し、5分ほどで受け取りです。

f:id:s_ahhyo:20191015184723j:plain

ビクトリアに来てフィッシュ&チップスはいろいろ体験しましたが、ここは本当に美味しかった。


BC Halibut という魚も初めて食べたので、魚のおかげ?
ググると「日本では好まれず捨てられてる」みたいな情報もあったけど。

 

なんせ、おいしかったです。ちょい高いですが、タラやサーモンはいろんな店で取り扱いがあるのでハリバットをお勧め。

 

この時期はたくさん水上飛行機が飛ぶのも観れますし、天気のいい日に海を眺めながらというのも最高ですよ。

f:id:s_ahhyo:20191015184711j:plain


夏季限定ですので超混みますが、混むだけあって味はしっかりしているので是非ともトライしてみてください。

 

www.redfish-bluefish.com

 

 

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info