『ミラキュラス レディバグ&シャノワール』第13話「ストーンハート」感想

前回に引き続き、オリジン後編。

第13話!

 

動きがいいですよ、動きが。

 

そんで、はいクロエ最低〜〜〜〜〜〜〜〜。

 

前回の感想。

www.sun-ahhyo.info

ストーリー

レディバグとして初めての任務を失敗してしまい、スーパーヒーローになることを諦めるマリネット。街には再びアクマの力で石の巨人となってしまう人々が溢れる。

そんな中、マリネットのクラスに転校生のアドリアンがやってくる。クロエのせいでマリネットの椅子にガムを貼り付けたと疑われてしまったアドリアンは、マリネットとかなり険悪な初対面となってしまう。

マリネットは、前回ホークモスにアクマタイズされストーンハートとなったイヴァンを励まし、ミレーヌに告白するように勧める。イヴァンは自分なりに歌で告白をするものの、不器用すぎて失敗し、マイナスの感情により再びストーンハートにされてしまう。

自分に自信が持てず、もう戦いたくないマリネットは自分より勇敢なアルヤにミラキュラスを託そうとするがうまくいかず、戦いに巻き込まれるアルヤと苦戦を強いられるシャノワールを見てついに腹をくくり、再びレディバグへと変身する。

 

アツい

全体的に少年少女アニメって感じのアツい展開が多くて良かった。

いや普段からアツいんだけど、やっぱその腹くくる瞬間とかさ。

ベタなのが好きなほどいいと思いますよ。

 

It's Time To De-evilize!

アクマを捕まえなかった場合、アクマが量産されて軍隊のようになってしまうということが今回わかったのですけど、その大量のアクマを利用してなんか宣戦布告しだすホークモスさん。

 

そしたらうまいことレディバグにダシに使われてしまうという。

このシーンのレディバグめーーーーーーっちゃくちゃかっこいいから!!

 

あの、アクマを捕まえる瞬間の日本語の決め台詞、何て言ってるんすかね・・・。

英語だとTime to De-evilizeなんですけど。

 

全体的にアニメーションのカメラワークが本気っていうか、映画みたいな動きですごいです。さすがオリジン。

 

♪ミレーヌ落ち着いて 冷たくしないで

ごめんイヴァン、変な歌詞・・・。

 

ラヴ・ミー・テンダー~グレイテスト・ヒッツ

ラヴ・ミー・テンダー~グレイテスト・ヒッツ

 

 

まぁでも付き合うことになって良かったね。

彼らのその後は不器用ながらもとりあえずうまくいってるようです。

www.sun-ahhyo.info

 

 

クロエの噛んだガムを手で受け取って椅子に貼り付けるサブリナ

こいつが一番やばいのでは?

 

片思いの始まり

ガムの犯人だと思われるという(お互いにとって)最悪の初対面から片思いされるまでに持って行くアドリアン。

あんな疑われ方したら普通に疑われた側もムカつくし、わざわざ仲直りしようとは思わないんじゃないかな。あと、これイケメンじゃないと無理だよな〜〜。

 

 

とりあえずクロエは疑われたアドリアンをフォローするわけでもなく、本気で最悪。

 「私のパパは市長よ!軍隊だって呼べる」って市長の権限どんなやねん。

 

Miraculous: Tales of Ladybug & Cat Noir [DVD] [Import]

Miraculous: Tales of Ladybug & Cat Noir [DVD] [Import]