フルハウスとディズニーの意外な関係

実は別のブログに書いた内容なのですが、おそらくはてなの方が反応がいいかなと思って移設してきました。
文章もちょこっと変えてます。
 
みなさん海外ドラマ「フルハウス」ってご存知ですか?

NHKでも放送されていたのでかなり多くの方がご存知だと思います。

妻を亡くしたダニーと、その娘DJ、ステファニー、ミシェルのタナー家と、
ダニーの親友で一緒に住んでいるジェシージョーイの、パパ3人娘3人で繰り広げるホームコメディドラマです。

シーズンを追う毎にDJの親友キミーが家族同様に行動したり、ジェシーが結婚したり子供ができたりと、出演者の人数も増えていく面白いドラマです。
今はNetflixで続編の「フラーハウス」(Fuller House)もやってますね。

こちらは「フラーハウス」のトレーラー。「フルハウス」は彼女たちが子供の頃の話です。

 

そのフルハウスのお話の中で、なんと「タナー一家がウォルトディズニーワールドへいく話」があるのを知っていますか?

全8シーズンあるこの作品の、中盤から後半へとさしかかるシーズン6の第23話と第24話「ラブリー・ホリデー」(The House Meets the Mouse)の前後編がそれにあたります。(Wiki調べ)

 目次

 

あらすじ

ミュージシャンの叔父ジェシーの次のライブがフロリダのディズニーワールドで決まり、双子の息子たちを預けて妻のレベッカとの結婚記念日も一緒に祝おうと計画。
ところが、ラジオ局で働いてるジョーイがフロリダからジェシーのライブの生放送をすることに決め、さらにはダニーたちも休暇を取り一緒についていく事になります。
二人だけの第二のハネムーンを計画していたのに、気付けばタナー一家4人とジェシーの家族4人、ジョーイとなぜかD.Jの友人キミーのなんと10人でフロリダへ行くことに。

無事にフロリダについた10人ですが、
ジェシーはリハーサルやラジオ収録と忙しく、なかなかレベッカとの時間が取れない。
ダニーは現地で合流した恋人のビッキーにプロポーズしようと奮闘。
ジョーイは友達のアニメーターに会いにスタジオへ行ったり、姉妹たちはマジックキングダムでイベントに参加し、見事ミシェルがプリンセスに選ばれるものの、わがまま三昧でステファニーと喧嘩したり、D.Jはパークで出会う男性キャラクターがすべて恋人のスティーブに見えてしまったり、、、と複数のお話が同時進行します。

 

ウォルトディズニーワールドとは?

ディズニーオタではない人向けの解説。

アメリカにはディズニーリゾートが2つあります。

一つはウォルト・ディズニー自身が完成を見届けたカリフォルニア・アナハイムの「ディズニーランド・リゾート」。純粋に「ディズニーランド」と呼ぶのは基本的にこちらのディズニーランドになります。(なので東京ディズニーランドの話をしている時に「東京」を省略すると「それはアナハイムの話?」といちいち突っ込んでくるめんどくさいオタクもいます。そんな人とは友達をやめましょう)

f:id:s_ahhyo:20180207061756j:plain

ディズニーランド・パーク。シンボルは「眠れる森の美女の城」

 

そしてもう一つがフロリダ州オーランドにある「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」です。

ウォルトはディズニーランド建設後、周囲に安モーテルが乱立しリゾートとしての総合的な価値が低下したことに不満を抱きました。

そのため次にテーマパークを作るときはインフラや周辺施設を含めたディズニーブランドの「実験的未来都市(EPCOT)」として、居住を含めた都市計画を計画していました。ウォルトは秘密裏にフロリダの広大な土地を購入し、水面下で計画を進めていましたが志半ばで死去。その後を継いだ兄ロイ・ディズニーが都市計画ではなくリゾート施設としてオープンさせたのが「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」です。

山手線2つ分という広大な土地に現在4つのテーマパークと2つのウォーターパーク、6つのゴルフコース、レースサーキットと20のリゾートホテルが存在します(Wiki調べ)

俗世から隔離され、どこを歩いてもディズニー、ディズニー、ディズニー・・・のまるで一つのちいさな「国」を思わせるリゾートです。

一番最初にオープンしたテーマパークが東京ディズニーランドのモデルともなった「マジック・キングダム・パーク」

僕は行ったことがありませんが、東京と同じくシンデレラ城がシンボルとなっています。

 

Tonight's 'After Dark' photo showcases The Partners Statue at Tokyo Disneyland at sunset!

Disney Parks Blogさん(@disneyparksblog)がシェアした投稿 -

ディズニーオタク歓喜ポイント

舞台はウォルトディズニーワールド

当然ですが舞台がWDWというだけでもうDオタは歓喜ですよね。

一家が泊まるのはWDWの最上級ホテル、グランドフロリディアンリゾート&スパ。

 

Have you stayed at Disney's Grand Floridian Resort? (Photo: @marshallsutherin) #WaltDisneyWorld

Walt Disney Worldさん(@waltdisneyworld)がシェアした投稿 -

adisneyparks.disney.go.com

パークはマジックキングダムが中心ですが、エプコットのシーンもあります。ドイツ館周辺や海底レストランなどですね。

ハリウッドスタジオのシーンは少ないですがインディ・ジョーンズのショーや今はなきアニメーションスタジオの施設など。

第6シーズンの1992年当時はまだアニマルキングダムはありませんでした。

まぁ、WDW行ったことないんですけど。

 

ディズニーキャラクターたちとのやりとり

ネタバレになってしまうので詳しくは本編を見てもらった方が早いとは思うのですが 笑

ディズニーパークの中というだけあって、いろいろなディズニーキャラクターがタナー一家と交流します。「絶対そんなこと起こらんやろ」というレベルの特別待遇で 笑

お前ら前々から友達だったんじゃねぇの?というような 笑

でもなんか、これぞ海外ディズニーという感じで、実際にありそうなのがおもしろいです。

 

 本物のディズニーのアニメーターが登場

劇中ジョーイが友達のアニメーターに会いに行くシーンがあります。が、なんとそのアニメーターとは実在の人物でなんとマーク・ヘン。
「リトル・マーメイド」のアリエルや「美女と野獣」のベル、「アラジン」のジャスミン、「ライオンキング」の子供シンバ、「プリンセスと魔法のキス」でティアナを手がけた伝説のアニメーターが本人役で出演しています。

登場シーンは一瞬だけですが、エンドクレジットにもしっかりと名前が載っていました。

 

f:id:s_ahhyo:20180207054949j:plain

伝説のアニメーター、マーク・ヘン。D23 EXPO 2018にて。筆者撮影。
プリンセスと魔法のキス ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]

プリンセスと魔法のキス ブルーレイ(本編DVD付) [Blu-ray]

 

ジェシーおいたんはかなりのDオタ

一応「フルハウスの主人公」として位置づけられているジェシーおいたんことジェシー・カツォポリス(コクラン)役のジョン・ステイモスですが、実はかなりのDオタだとか。
実際、D23のいろんなイベントに呼ばれてMCとして活躍していたりします。プライベートでも昨年カリフォルニアのディズニーランドでプロポーズをしたりしています。

おいたん結婚おめでとう。

 

I asked...she said yes! ...And we lived happily ever after💍

John Stamosさん(@johnstamos)がシェアした投稿 -

一部日本のニュース記事で「シンデレラ城と思われるイラスト」と書かれておりましたが、オタクはこれが眠れる森の美女の城だとわかってしまうという。

 

kaigai-drama-board.com

オルセン姉妹エリザベス・オルセン

フルハウス」でもその可愛らしさでかなりの人気を得ていた末娘ミシェル・タナー。

ミシェル役は労働法の都合により出演時間が限られていたため、双子のメアリー=ケイト・オルセンアシュレー・オルセンの二人が交代で演じていました。

このオルセン一家、実はたくさん兄弟がいて家族がらみで芸能界に進出しています。

当のメアリー=ケイトとアシュレーはTV界を引退しファッションの分野で活躍していますが、実の妹エリザベス・オルセンは映画界でも活躍している女優です。

その代表作がディズニーフランチャイズのマーベル映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」や「シビルウォーキャプテン・アメリカ」のスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフです。

クソ美人。

 

彼女の次回の活躍は「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」ですね。


「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」予告編

 

 

まとめ

 僕は「フルハウス」を全話観たわけでもないので、このほかのお話にももしかしたらディズニー関連ネタがあったりするのかもしれませんが、子供の頃に観たこのWDWへ行く回はかなり印象に残っていました。

自分の知らない海外のディズニー。ディズニー好きならば一度は行ってみたいウォルト・ディズニー・ワールド。スケールが東京と全く異なるので、かなり強い憧れを抱きました。大人になった現在もいまだにWDWへは足を踏み入れてないのですが、近いうちに是非とも行ってみたいと思っています。

行った際はブログでもレポートしたいと思うのでブログの応援もよろしくお願いしますね。

 

関連記事

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info