【ビクトリア生活】カナダで不満だったこと、それは「住宅事情」

Sponsored Link

こんばんは、すんです!!まだ帰国する前だけど書くよ!!!

1年も外国に住んでいればいろいろあります。いくら仕事以外なんもしてないからといっても。
というわけでカナダで1年暮らしてみて不満に感じたこと。
とはいっても基本的にカナダってめちゃくちゃ過ごしやすいので、そこまでリストアップするほどはないので、一点集中でお伝えします。

 

※こちらの記事は姉妹サイト『ディズカリ!!』に過去に掲載した記事を移行・リライトしたものです。掲載当時と内容が大きく変わっている部分がございますのでご了承ください。

 

目次

 

住宅事情

僕がカナダで不満だったこと、それは「住宅事情」

カナダの、特にバンクーバーやビクトリアの住宅は高い。
なので皆さんルームシェアしたり、一軒家の広いお家も地下をシェアに出していたりホームステイを招き入れたりしています。
日本の地方都市ならばマンションで一人暮らしできるような家賃を払いつつの、ルームシェアでの共同生活。
掛け持ちしていなければ月の収入の約半分くらいは家賃で持って行かれます。

僕はワーホリ中2箇所でルームシェアしたのですが(今月末まで現在進行形)
それそれお話しさせていただきます。

1軒目:オーク・ベイ

 

1件目はオーク・ベイ周辺で住んでいました。

オーク・ベイはダウンタウンはちょっと離れていますが、

バスや自転車があれば全然許容範囲で、のどかでめちゃくちゃ過ごしやすいところでした。徒歩圏内にスーパーもスタバもドラッグストアもリカーショップも郵便局も銀行の支店もあって最高。

f:id:s_ahhyo:20200414215708j:plain

入居後数日後に近所でやってたお祭りみたいなの。


シェアハウスは、カナダに住む日本人向けのサイトe-Mapleにて情報を見つけ「安い!!」と思ってアポイントをとり、入国した次の日に決めてしまいました。


家賃は$490で水道光熱費ネット込み込み。
部屋は狭くて地下なので日光も入らないけど、値段が安いので全然オッケー。
ルームメイトは全員日本人。

僕は男ですがルームメイトは僕が来て数日で去った男の子ひとりを除けば女の子だけでした。
ダウンタウンからは離れているけど自転車があったので全然問題なし。

かなーり快適に過ごしていたのですが、ある日こんな事件が起きます。

 

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info

そう、部屋が床上浸水。

 

一度は収まったのですが2度目がひどく、業者が来てから工事が始まり、工事が始まってからはリビングで寝る日々・・・ストレスとの戦いに負け1ヶ月後には新しい家を決め出て行きました。

 

www.sun-ahhyo.info

 

2軒目:ノースパーク

現在住んでいるのがノースパークのちょっと北側。

ダウンタウンが徒歩圏内になり、スーパーもでかいのが近くにあり、活動がめちゃくちゃ楽になりました。

f:id:s_ahhyo:20200414214824j:plain

(※もう帰国したため、追記として写真を載せています)


その分家賃もぐっと上がって$620。

これにネット代&ベッド代で$25と、2ヶ月に1回の電気代、3ヶ月に1回の水道代が課せられます、なので月によっては$800を超えることも。

 

半2階になったために日光はしっかり入ってきますがカーテンがなく、隣の家からは丸見え。

また冬は湿気がひどく窓周辺のカビがかなりやばかったです。

f:id:s_ahhyo:20200414214812j:plain

 

ルームメイトは多国籍で、5〜8人ほど。

本当に入れ替わりが激しく、自己紹介した1ヶ月後にもういなくなっていたりして、仲良くパーティをするだとかそれ以前の問題で名前を覚えることすら不可能なレベル。

B&Bのサイトにでも載せられているのか、1〜2週間でいなくなる人も。

 
そのため、キッチンの荒れ方や共用物の紛失や破損がひどく、焦げ付いてないフライパンがないとか、持ち込んだトングやざるがなくなっていたりだとか、調理器具に困ることが多かったです。冷蔵庫はパンパン、シンクは洗い物が山積み、ゴミは放置・・・と、いくら自分もズボラとはいえ、これはこれで結構メンタルがやられます。

 

また、最大で8人も住むので夜仕事から帰ってきてシャワーを浴びようと思ってもお湯を使い切ってしまって水しか出ないということが頻繁にあり、日本では考えられないくらいカナダ(というかブリティッシュコロンビア州?)って「水回りに弱い」んだなと思いました。


出たら出たで、シャワーのお湯めっちゃ熱いし。

ある日トイレの流しのレバーが壊れたようで、「壊した奴が連絡してるだろう」と思っていたら一向に治る気配がなく、僕が連絡してオーナーに付け替えてもらったのですが、それ以来水の流れが弱くなり、時折ルームメイトの「ブツ」が流れずにそのままになっていたりして「もう本当に勘弁してくれ!!」って思ったりもしました。

まとめ

ホームステイはホームステイで共同生活のため、いいホストに出会えなければ大変だというのも聞くので、住宅事情は本当に当たり外れの世界だなぁと思います。


ルームシェアは自由度も高いですが、本当に「自分てこんなに共同生活向いてなかったんだ・・・」と他人に対して不満を覚えてしまうことが多かったのが本音。
正直、カナダに残れる可能性もあった中で帰国を決意したのも「住むところ問題」は結構大きかったりします。

 

まぁ帰国すればこれはこれとしていい思い出になるんだろうなぁ、と思っておこう。

とりあえず「カナダは水回りに弱い」かもしれないと心に刻んで、もしベースメントに住むようなことがあれば「地面に大事なものを直置きする」のは避けるようにしてください 笑


寝てる間にベッドの下が水浸しだったときのあの恐怖よ!

日本も広島の方が大雨で浸水したりしていますが、本当に行政の方達には色々な災害に備えた町や住宅の基準を設けて整備して欲しいですね。
この度大雨の影響で被災された皆様には心よりお祈り申し上げます。

 

それでは、本日はこのへんで。

 

関連記事

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info