【ビクトリア生活】「残らない決意」をしたこと。あと1ヶ月ちょいで帰国します。

Sponsored Link

こんばんは、すんです。
ブログの書き方を忘れてしまった感じがします 笑

1年のワーキングホリデービザがそろそろ終了します。
ということで帰りの飛行機を取りました。

 

※こちらの記事は姉妹サイト『ディズカリ!!』に過去に掲載した記事を移行・リライトしたものです。掲載当時と内容が大きく変わっている部分がございますのでご了承ください。

目次

 

残ることもできた、と思う

ワーホリで今現在働いている職場、僕は日本で似たようなタイプのお店で4年働いていた経験者だったこともあり、自分で言うのもアレなんですが、かなり重宝されていました。


そうでなくても日本人って性格上かなりきっちり働きますし、僕も必要以上に働いてしまうタイプです。
(最近は頑張りすぎると僕が全部やるのを知って周りが全然動かないというのがわかってきたのでなるべく拙い英語で指示を出すようにしている)


twitterにはちらっと書いたので知っている人もいると思いますが、ぶっちゃけ今の職場がかなり人手不足で、

「残って働かない?」というオファーも、あるにはありました。


どこまで本気だったのか、ワークビザについてどこまで知ってて店がお金出さなきゃいけないのも知っててなのか

(イタリア人移民の店長からのオファーだったから多分理解はしていると思うけど)それはわかりませんが、チェーン店だし期待してなかった分、かなり気持ちがぐらついたのも事実です。

ビクトリアで2年間?

ワークビザが降りると2年間、そのお店でフルタイムで働けます。
時給15ドル、週40時間×4週間として月2400ドル、チップが月200ドルくらいもらえるとして2600ドルくらい。


飲食店だから、休みがきちんと取れることを考慮すれば日本よりも楽かもしれない・・・

けどカナダの家賃は高いし、税金も取られるし、日本で払い続けている奨学金の残りもあるし、給料は決して高いとは言えない。ワークビザとっちゃうと掛け持ちも基本的にはできない。

 

ワークビザを出すために会社は1000ドル国に払わないといけないので、中途半端にやめて帰国なんてこともできない。


のどかで暮らしやすい代わりに、遊ぶところがそんなにないビクトリアで2年。
語学学校の友達もみーんな帰国しちゃったし、日本語で愚痴りたくても相手がいない。
そもそも言語の壁だってまだまだ大きい(逆にあと2年も暮らせれば見違えるように上達しそうではあるけど)

2年働けば(欲しいかどうかは別として)カナダでの永住権の第一歩も踏み出せる。
永住権が取れればもっと給料のいい職場だって探せる。

 

でも、そこまでなんでもかんでもうまく行くか?
2年後には31歳だし、永住権が取れなければ帰国を余儀なくされて無職の31歳の誕生である。

日本に住んでいる、今現在付き合っている恋人と、できれば籍を入れたいと思ってる。
現時点で貯金ゼロで、2年間また会えない日々が続いていつまでも夢を追うのか?

悩みに悩み、最後はもう、自分の弱さを受け入れました。


「帰国します」と。

 

というわけで帰国します

あと1ヶ月ちょい残っていますが、帰りの飛行機はとったし、辞めることも伝えたし、もう後戻りはできません。

 

そもそも、ワークビザも3ヶ月くらいかかるみたいだから、今から「やっぱり残りたい」と言ってもビザ降りるまでに一回帰らないといけない。

辞める日を伝えた後に店長(カナダ人の方)に

 

「惜しいね、残って働いてくれたらすごく助かるのに」と言われて

「今日本にいる彼女と結婚するつもりだから」と伝えたら

「そっか、じゃあ帰国して、結婚したらまた彼女も連れて帰っておいで」と言われました。

 

冗談で言ってるんだろうけど、普通に嬉しかったな。

 

というわけで、あと1ヶ月ちょい。
ベテランがかなりやめてしまいクソ生意気なガキンチョばかりの職場でバトりながらも、頑張って働きます。

 

f:id:s_ahhyo:20200413170649j:plain


関連記事 

www.sun-ahhyo.infowww.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info