ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーを楽しむための映画7作+α

アナハイム・ディズニーランドをやったらこっちもやるべきでしょ。

と思ったのだけど、思いのほか映画由来のテーマが薄いテーマパークなので、今回は少なめの7作で・・・。無理に10作絞り出してもよいのだけど、こじつけっぽくなるし。

 

あと、映画ではない部分とかおまけの作品紹介を「+α」として紹介しますそちらも合わせてどうぞ!

 

以下、ディズニー・カリフォルア・アドベンチャー・パークは「カリフォルニア・アドベンチャー」「DCA」などと表記します。

 

www.sun-ahhyo.info

目次

 

カーズ

カーズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

カーズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

やはりカリフォルニアアドベンチャーに行く上で100%で見ておいて欲しいのがこのディズニー/ピクサーの傑作のひとつ「カーズ」

おもちゃの世界、虫の世界、モンスターの世界、魚の世界、、、などなどを描いてきたピクサーが描く「もし車たちが生きた世界が存在したら」というお話。

有名レーシングカーのルーキー、ライトニング・マックイーンが突如迷い込んだ、世間から忘れられた田舎町ラジエーター・スプリングスの仲間たちとの出会いと絆を描いたストーリーです。

 

そして、このディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにはこのカーズの世界、とりわけ映画に出てくる田舎町「ラジエーター・スプリングス」を再現したテーマアリア「カーズ・ランド」があるのです!!

f:id:s_ahhyo:20180425162741j:plain

DCA/カーズランド。ラジエーター・スプリングス・レーサーズ筆者撮影。

 

その再現度は驚異的で、本当に映画がここで撮影されたんじゃないかと錯覚するほど・・・ディズニーの本気が伺い知れます。

目玉アトラクションの「ラジエーター・スプリングス・レーサーズ」もカーズのキャラクターたちに出会えるダークライド+レースを模したちょっぴり絶叫系なアトラクションでアニメを見たときのワクワク感と爽快感が抜群。

 

グリーティングでカーズのキャラクターたちに会えるのはもちろん、レストランもグッズショップもラジエータースプリングスのキャラクターたちのあのお店なのだから感動!

f:id:s_ahhyo:20180425164849j:plain

DCA/カーズ・ランド。「カーズ3」のクルーズ・ラミレスのグリーティング。筆者撮影。

f:id:s_ahhyo:20180425162744j:plain

DCA/カーズランド。フローのV8カフェ。筆者撮影。

特に夜が最高です。

 

1日入り浸れます。カーズランドに住みたい。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

 マーベル映画のダークホース!誰も知らなかった超マイナーコミックを映画化したらおもしろすぎて虜になる人達が続出、超人気になってしまった作品「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を紹介。

というのもDCAにはかつてディズニーシーにあった「タワー・オブ・テラー」のストーリー違いのアトラクションがあったのですが、昨年夏にアトラクション構造はそのままで、テーマをまるっと「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」にしてしまう大リニューアルを行いました。

 

その名も「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ミッション:ブレークアウト!!」映画に登場するコレクターがなんとガーディアンズたちを捕まえて展示品にしてしまったので大変!彼らを救うことができるのはゲストの我々だけ!というストーリーで展開されます。

f:id:s_ahhyo:20180425162736j:plain

DCA/GotGミッション:ブレークアウト!筆者撮影。

シーの「タワー・オブ・テラー」と同じフリーフォールのアトラクションなので、もちろん映画を見なくても楽しめるのですが、他のテーマパークの「タワー・オブ・テラー」が呪いだったり不吉な巡り合わせで恐怖をそそる演出であるのに対し、この「ミッション:ブレークアウト!!」はベクトルが真逆で「ノリノリで楽しもうぜ!!たまに落ちるけど!!」という感じ 笑

映画さながらの「シリアスさをノリでどうにかしてしまう」このテンションは是非とも映画を見てから体験してもらいたい。

 

映画に関しても、「アベンジャーズ」系の映画の総称MCUのシリーズだけで考えても、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の敵キャラ・ロナンってかなり残酷でシリアスな立ち位置なんですけど、ガーディアンズを前にするとその残酷さも無力!

 

気づけばサントラを買ってるし、グッズもどんどん増えていくし、実質MCUの最高ヒーローシリーズはこのガーディアンズであると言っても過言ではないと思います。

 

f:id:s_ahhyo:20180425162737j:plain

DCA/GotGミッション:ブレークアウト!キューライン。筆者撮影。

余裕があればvol.2(日本語タイトルはウォルトディズニージャパンという会社がクソすぎて「リミックス」になった)も見てください!!

むしろ、間違えて2から見ても楽しめます!

 

リトル・マーメイド 

 

ディズニーシー編に続き2度目の登場の「リトル・マーメイド」

DCAには「リトル・マーメイド」のストーリーを追うアトラクション「アリエルのアンダーシー・アドベンチャー」があります!

 

f:id:s_ahhyo:20180425162742j:plain

DCA/アリエルのアンダーシーアドベンチャー。筆者撮影。

「リトルマーメイド」の名シーン、キャラクターたちがオーディオアニマトロニクスで再現され、アラン・メンケンの名曲が鳴り響く。それだけで最高のアトラクションです。東京にあれば待ち時間60分はカタイところ、DCAはなんと5分、長くても30分待ちという。強い。水上ショー「ワールド・オブ・カラー」終了直後閉園時間ギリギリでも滑り込めます。(ぜんぜん拒否されない)

 

かつてはパラダイスピアに「アリエルのグロット」というキャラクターグリーティングレストランと、アトラクション「キングトリトンのカルーセル」などリトルマーメイド推しな展開が多かったのですが、昨年発表され現在リニューアル中の「ピクサーピア」のために運営が終了しています。

シーにもある「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」はかろうじて生存している模様。

 

白雪姫

白雪姫 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

白雪姫 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

DCAにおいてちょっとアプローチを変えた展開として楽しめるのがブエナビスタ・ストリートにあるテーブルサービスレストラン「カーセイ・サークル・レストラン」です。

このレストランはなんなのかというと、ディズニー初の長編カラーアニメーション「白雪姫」が初めて劇場公開された映画館「カーセイ・サークル・シアター」をモチーフに作られているのです!

f:id:s_ahhyo:20180425162735j:plain

DCA/カーセイ・サークル・レストラン。筆者撮影。

そのため店内はウォルトと映画スタジオのスタッフたちとの写真や、著名人との写真、授賞式の写真などなどが飾ってあるほか、天井には白雪姫をイメージしたデザインが施されたり・・・と白雪姫公開当時の劇場に思いを馳せることができます。

 

f:id:s_ahhyo:20180426083615j:plain

DCA/カーセイ・サークル・レストラン。筆者撮影。

テーブルサービスのレストランなのでチップも必要ですし、やはりちょっとお高いのですが、僕が訪れた際には日本語が話せるスタッフが席まで来てくれて注文を聞いてくれたりサービスは最高です。こんなレストランにTシャツ短パンで入れるのもディズニー内ならでは。

 

白雪姫、ど〜ん!小人たち、ど〜ん!というあからさまな演出ではなく、こういう大人なアプローチができるのだからディズニーはやっぱり一枚上手だ・・・。

お隣の「ディズニーランド・パーク」には東京にあるのと同じ「白雪姫のおそろしい冒険」というライドアトラクションがあるので、映画を見ていても損はないと思います。

 

ポカホンタス 

ポカホンタス [Blu-ray]

ポカホンタス [Blu-ray]

 

ある程度マニアックなものも紹介しておかないと、オタクのブログとして名が廃るというもの。ということで皆さん名前くらいは聞いたことあるけど見たことある人はさほど多くなさそうな「ポカホンタス」をご紹介。

本国ではポカホンタスもディズニープリンセスの一人に数えられるため、ジャスミン、ムーラン、ティアナと並ぶ有色人種のプリンセスで人気があります。

 

史実を基にしたストーリーであるのにも関わらずディズニーによる大胆な改変がなされているため批判も多いですが、内容はすばらしく、とりわけアラン・メンケン作曲の楽曲群は毎度のことながら最高。

 

DCAの水上ショー「ワールド・オブ・カラー」(現在ピクサーピア工事のため6月末ごろまで休止中)においても劇中曲「Just Around The Riverbend」「Colors of the wind」が採用されておりショーの中で存在感を示しています。

f:id:s_ahhyo:20180425162743j:plain

DCA/ワールド・オブ・カラー。筆者撮影。

 

「ワールドオブカラー」自体いろんな映画のシーンを寄せ集めたショーなのですが、基本的には有名どころからの引用が多いのでそこまで身構えなくても良いかと思います。

強いて言えば「ファンタジア2000」とかを見ておくと、何気ないシーンがこの映画から引っ張り出されていることに気づいておもしろいです。

ファンタジア ダイヤモンド・コレクション&ファンタジア2000 ブルーレイ・セット [Blu-ray]

ファンタジア ダイヤモンド・コレクション&ファンタジア2000 ブルーレイ・セット [Blu-ray]

 

あとはクライマックスで「魔法にかけられて」の「So Close」が流れるのでそれも聞いておくとまた印象が変わりますよ。

 

 

また、ディズニーランドのショー「ミッキーとマジカルマップ」にはポカホンタスも登場します。

 

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

Mr.インクレディブル MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

続編公開間近のこのタイミングで、現在テーマ変更でリニューアル中のピクサー・ピア(元パラダイス・ピア)にあるコースター「カリフォルニア・スクリーミン!」がインクレディブルテーマに生まれ変わります。

f:id:s_ahhyo:20180425164850j:plain

DCA/カリフォルニア・スクリーミン!筆者撮影。

「カリフォルニア・スクリーミン!」はロケットスタートあり、一回転あり、臨場感あふれるサウンドシステムありという東京にあれば400分待ちはカタイだろうなというアトラクションです。実際は15分〜30分待ちくらい。

 

果たしてインクレディブルがテーマとなった後どういうストーリー展開になるのか謎ですが、もともとがテーマの特にないただのジェットコースター(というか昔ながらの遊園地においてあるような普通のジェットコースターというテーマ)だったので、違和感なく受け入れられそうですし楽しみでもありますね。

 

バグズ・ライフ

バグズ・ライフ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

バグズ・ライフ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 ということで最後の1本は「バグズ・ライフ」です。

DCAにはハリウッドランドとカーズランドのテーマエリアに挟まれる形でこの映画「バグズ・ライフ」をテーマにした「バグズ・ランド」というエリアがあります。

 

f:id:s_ahhyo:20180425162740j:plain

DCA/バグズ・ランド。筆者撮影。

f:id:s_ahhyo:20180425162738j:plain

DCA/バグズ・ランド。筆者撮影。

そしてそのエリアにはメインアトラクション「イッツ・タフ・トゥー・ビー・ア・バグ!」がありました!

そう、先月までは・・・。

なんと、来るべき2020年ありたい姿にマーベルテーマのエリアを完成させるべく、このバグズ・ランドはリプレイスの予定となっています。そして、巨大シアターアトラクションなのに常にガラッガラだったこの「イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグ」はこのマーベルエリアの発表と同時に「昨日でもう閉鎖しといたから」という東京ディズニーリゾートならばオタによる暴動が起きそうな大胆なリリースが発表され、悲しみに暮れる間も無くクローズとなりました。

 

もともとハリウッドのエリアだったところに突如テーマ変更で現れた「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ミッション:ブレークアウト」と、マーベルキャラクターたちのイベント、グリーティング。意味深なアベンジャーズロゴのハッチなど、バグズ・ランドのガラガラっぷりを考えれば「まぁ先は長くないだろうな・・・」と誰もが予想したこのバグズ・ランドの閉鎖。

今こそ、まだバグズ・ランドの息が続いているうちに、映画「バグズ・ライフ」を見てDCAへ行こう!

(バグズランドは2018年夏の終わりにクローズ予定)

dpost.jp

 

f:id:s_ahhyo:20180425162739j:plain

DCA/イッツ・タフ・トゥ・ビー・ア・バグ!前のホッパーのプロップス。筆者撮影。

ちなみに終了した「イッツ・タフ・トゥー・ビー・ア・バグ」というアトラクションは3Dのシアター形式、「ミッキーのフィルハーマジック」や「マジックランプシアター」のようなアトラクションでした。それでテーマは「虫」なわけで。

もうおわかりですね?

「楽しいよ〜みんな遊びにおいでよ〜」という雰囲気で、とんでもないものを見せられる、ディズニーパークにおいて間違いなく最恐のアトラクション。

どんな絶叫アトラクションよりも、どんなホラーアトラクションよりも恐ろしく不快感にまみれ「もう2度と見たくない」と思うアトラクションでした。

 

いろいろと気持ち悪いものを笑って許せるタイプの人たちは楽しめると思いますが、あのガラガラっぷりを思うにきっとそんな人は多くなかったのでしょう・・・。

 

ちなみにフロリダのアニマルキングダムに行けばまだ楽しめます!

 

虫が生理的に無理な人は絶対に体験しないでください。

 

 

プラスアルファ

ではここでプラスアルファをご紹介。

ミッキーの大演奏会

ミッキーマウス/カラー・エピソード Vol.1 限定保存版 (期間限定) [DVD]

ミッキーマウス/カラー・エピソード Vol.1 限定保存版 (期間限定) [DVD]

 

「ミッキーの大演奏会」はミッキー・マウス主演映画で初のカラー作品として有名です。この短編映画をモチーフに作られたのがパラダイスピアにある「シリー・シンフォニー・スイング」という回転ブランコのアトラクションです。

乗ってる間は見れませんが、アトラクションの天辺には衣装を着たミッキーが。

 

グーフィーのグライダー教室

コンプリート・グーフィー 限定保存版 (期間限定) [DVD]

コンプリート・グーフィー 限定保存版 (期間限定) [DVD]

 

「グーフィーのスカイスクール」というアトラクションがあります。このアトラクション自体にはモチーフとなった映画はないのですが、グーフィーと飛行機、ということでグライダー教室を見ておくと楽しめるかも 笑

 

ちゃちいコースターですが、ちゃちすぎていろんな意味でスリルがあります。

 

ミッキーマウスとロードレーサーズ/小さなプリンセスソフィア/ドックはおもちゃドクター/ライオンガード

ミッキーマウスとロードレーサーズ/エンジンぜんかい! [DVD]

ミッキーマウスとロードレーサーズ/エンジンぜんかい! [DVD]

 
ちいさなプリンセス ソフィア/はじまりのものがたり [DVD]

ちいさなプリンセス ソフィア/はじまりのものがたり [DVD]

 
ライオン・ガード/勇者の伝説 DVD(デジタルコピー付き)

ライオン・ガード/勇者の伝説 DVD(デジタルコピー付き)

 

 「ドックはおもちゃドクター」だけソフト化されてなかった・・・。

 

最後はお子様のいるご家庭向け。

ハリウッドランドのエリアには「ディズニー・ジュニア・ダンス・パーティ」というキッズ向けのショーが行われており、これらのアニメのキャラクターが続々登場します。

これらの作品はテレビシリーズで、映画ではないのですが、全部チェックするというよりは気になったものを何個か見ておくだけで楽しめると思います。ディズニーが作る低年齢向けのTVアニメは内容がしっかりしたものが多いので考え方やいろいろなものの見方を学ぶきっかけにもなりますし、過去のディズニー作品に比べると描かれている偏見もなく、多様性も盛り込まれていて、きちんと現代向けのアップデートがなされているのが良いところ。

ディズニージュニアはもちろん、ディズニーチャンネルやディズニーXD、Dlifeなど、いろいろなチャンネルで放送されているので要チェックです。

「ミッキーマウスとロードレーサーズ」以外はDlifeで見れるので、BSさえ加入すれば無料で見れますよ!

 

まとめ

 ということで恒例の「余裕があればこれも見ようシリーズ」です。

  • モンスターズ・インク・・・アトラクションあり。今年はピクサーイベント中です。アトラクションは無くなりそう。
  • アナと雪の女王・・・姉妹に同時出会えるグリがあり、ガチのミュージカルショーもあります。
  • インサイド・ヘッド・・・ピクサーピアオープン後推されるであろう映画の一つ。ビンボンの飴ちゃん屋ができるってさ!
  • トイ・ストーリー・・・やはりピクサーといえば!なので。「トイストーリー・マニア」があります。
  • ブラックパンサー・・・現在グリーティング中!(もう遅いかもしれないが)急げ!

こんな感じです。

 

すべてのディズニーパークに言えるといえばそうなのですが、 DCAは原作なしアトラクションの「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」だったり「グリズリー・リバー・ラン」だったりが存在感の強いアトラクションだったりもするわけで、あんまり身構えなくてもパークは楽しめますよ!ということだけは積極的にお伝えしていきます。

 

僕はパーク派と映画派ならどっち?と聞かれると映画派なのでこういう風に紹介するだけで、「見てないなんて最低だ!何もわかってない!」とも思わないし、僕自身まだまだ見ていない作品もたくさんありますので。

 

というわけで、もし近いうちにDCAを訪れる予定がある方は参考にして見てください。

 

インサイド・ヘッド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

インサイド・ヘッド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 

関連記事

www.sun-ahhyo.info

www.sun-ahhyo.info