『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』第19話「ミステリーハウスを守れ!」感想

5日ほどブログをサボりましたが謎にアクセス数は伸びたので何事もなかったように再開します。

 

というわけで19話。

 

前回の感想。

www.sun-ahhyo.info

 

ストーリー

ミステリーハウスの権利書を盗むためにギデオンがミステリーハウスに侵入する。あっさり追い返したが、権利書が入っている金庫の暗証番号は、一番安全なスタンの頭の中にあると知ったギデオンは「ジャーナル2」の悪魔召喚呪文を利用し、スタンの頭の中を覗こうと企む。ギデオンは三角形の悪魔ビル・サイパーを呼び出し、スタンの頭の中から暗証番号の記憶を盗む契約を交わす。

一方ディッパーは、スタンが自分にだけ異様に厳しいため嫌われているのではないかと疑うようになる。ギデオンとビルの契約現場を目撃してしまったメイベルとスースはなんとかしようとディッパーに話を持ちかける。最初は乗り気ではなかったディッパーだが、メイベルに説得され「ジャーナル3」に記された呪文を唱えてスタンの頭の中へと入り込む。

 

シカの歯だ

シーズン1のクライマックス、ということで、19話と20話でシーズン1が完結。

 

とうとう謎の存在のビル・サイパーが登場。

オープニングでも最後にちらっと映るアイツ。

 

ギデオンとの会話内容から、かつてスタンとなんかあったぽい。

 

ちなみにビルの声優さん、タイムパトロールのおっさんとかセヴラルタイムズのプロデューサーと同じ。 

 なんでこんなん売ってんの。

 

 

スタンの頭の中

スタンの頭の中はエッシャーのだまし絵みたいになってますね。

 

ところどころ登場するのはこれまでの話のワンシーン。

新しい情報としてはコロンビアで留置所にいた時代のシーン(ギデオンの父との会話にあった)とスーザンとのデートの結果など。

 

自販機の裏の隠し扉はスースの「つまんなーい」で一蹴。

 

ドリームボーイ・ハイ

第2話に登場したメイベルのドリームボーイが再登場。

 

最終的に「シンセサイザーを使った音楽」でビルを攻撃。

 

グラビティフォールズ、絶対80年代っぽいポップソングをダサいと思ってるところあるよね!?!?!?

 

最終対決ではハムスターボールも出てくるし、細かい再登場が本当に多い。

 

見た目より賢い

ビルの「見た目より賢い、特に太った方」はすごく意味深なセリフに聞こえる。

スースそんなに活躍してないし。

 

スタンの頭の中の世界(記憶)でスースが普段は「パインズさん」と呼んでるのにここでは「よぉ、スタン」と呼び捨てで話しかけてたのがめっちゃ気になる

 

To Be Continued...

ひとまずはビルの野望を阻止したディッパーたちだけど、ギデオンに普通に力づくで権利書を奪われたところで今回は終了。そして20話へ続く!!

 

とまぁ、じゃあ今回の話意味あったのかというと、これ完全に今までの振り返りとシーズン2への伏線なんでしょうね。

「このアニメはこういう細かいところをどんどん拾っていくアニメだから繰り返し見るんだぞ」という。

 

スタンとディッパーのモヤモヤした感情も解消され、なんかいい話でもありましたね。

 

 

Gravity Falls: Journal 3

Gravity Falls: Journal 3

  • 作者: Alex Hirsch,Rob Renzetti,Andy Gonsalves,Stephanie Ramirez
  • 出版社/メーカー: Disney Press
  • 発売日: 2016/07/26
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る