『怪奇ゾーン グラビティフォールズ』第18話「赤い糸の先に」感想

第18話。

あと2話でシーズン1終了なのですが、第20話を録画し損ねたことに気づきました。

 

赤い糸の先に

赤い糸の先に

 

 

 前回の感想。

www.sun-ahhyo.info

ストーリー

グラビティフォールズで謎の生き物にパトカーが襲われるなどの事件が多発していた。ディッパーとスースはその謎の生き物の正体を突き止めるべく森に罠とカメラを仕掛ける。撮影に成功したディッパーはすぐさま現像を試みるが、スースのヘマにより失敗してしまう。

よったんのためにTV通販で見た特殊な抱っこベルトを買うことに決めたメイベルはスタンに「よったんを絶対に外に出さない」と約束して買い物へ行く。ところがミステリーハウスのツアーがよったんのせいで台無しになってしまったために腹を立てたスタンはよったんを外に出してしまう。紐で繋いだはいたものの、よったんはグラビティフォールズを襲う謎の生き物に誘拐されてしまう。

 

よったん

タイムトラベルの回でペットとしてミステリーハウスの新たな家族となったよったん。

基本的にされたい放題のおもちゃ的な扱いは受けてはいますが、メイベルはちゃんとよったんに愛情があるみたいだし、よったん本当可愛い。

 

グラビティフォールズ作者のアレックス・ハーシュのリアル双子姉(アリエル・ハーシュ)が飼っていたリアル豚がモデルだそうで、グラフォ自体自分たちの思い出からインスパイアされたりもしてるらしいですね。

お姉ちゃん奇行少女だったのかな。

 

「よぉ、ごめん」

スタンとメイベル、そしてディッパーとスースがお互いに言い争う喧嘩回。

俺はどうかんがえてもスースみたいに友達が欲しすぎるけど、まぁでもいざという時にやらかしすぎなのでリアルでいたらかなりしんどいのかもしれない。

ディッパーとスースが喧嘩っていうのはなんか新鮮ですね。

 

プールの回でも「スース帰れ!」ってディッパーが言ったりして主導権的にはディッパーの方が上な感じはするけど(とはいえこの話はディッパーがプールのセキュリティ責任者だから)。

 

スタンとメイベルの言い争いは「メイベルがボス」でもありましたね。

 

 

恐竜

恐竜がいっぱい出てきます。メインは翼竜。

樹液に固められて生きたまま現代まで残っていた恐竜たちが蘇る・・・と言う話。北極南極のアレみたいなやつ。

 

マクガケット爺さんでてきた瞬間、またロボットネタかな?と思ったけど違いましたね。

スタンが怪奇現象に巻き込まれる(目撃する)のはこれで2回目です。

 

ヒーロー、スタン

よったんを守りながら翼竜の目にパンチを食らわせて戦うスタン。

 ついた嘘が最終的に現実となる面白さと、

意外とこのオッさん素直なんだよなぁ・・・とか思ったり。

 

仲直りできてよかったね。