バンクーバー&カナディアンロッキーへ男二人旅 その2 〜準備編〜

Sponsored Link

2017年冬、ワーキングホリデーにてビクトリア滞在時に韓国人の友人Jとバンクーバー&カナディアンロッキーを巡る旅行をしてきました。

 

※こちらの記事は姉妹サイト『ディズカリ!!』に過去に掲載した記事を移行・リライトしたものです。掲載当時と内容が大きく変わっている部分がございますのでご了承ください。

f:id:s_ahhyo:20190919151845j:plain

これ、たぶん路上の落書きなんですよね、、、すごい。

 

いよいよ来週はバンクーバー&カナディアンロッキーです。
もう来週なのに全然実感が湧かない、なのにお金だけはもう$700くらいつかってる。

とりあえずその内訳と、準備のために買ったものメモです。

 
前回の記事

目次

約$700内訳

とりあえず準備段階で$700くらい使ってると言ったのですが、その内訳です。

  • ツアー代金(カナディアンロッキーでのホテル、交通費、食事)$370
  • フライオーバーカナダ $23
  • ジャケット $115
  • 防寒パンツ $110
  • 靴 $90
  • ヒートテックもどき(ウォルマートで購入) $15
  • もこもこ靴下4足(ウォルマートで購入) $10

こんな感じ。※税抜き税込みごっちゃなので実際もうちょっと払ってる。

 

ここにビクトリア〜バンクーバー間のフェリー代金$17くらいと、バンクーバーで2泊するぶんのホステル代+移動費+食事代が入ってくる感じですね。

 

当初トロントやケベックシティに行こう!って言ってたくらいなので、その場合航空券と都市間移動費だけで$700くらいなので、それを考えればだいぶ安いかな、、、。

というか3泊のツアー代が1日約1万円ちょいなのすごく安い・・・。

 

買ったものたち

ジャケットやらなんやら買ったのも、僕は夏服を持って来すぎていてもしかして冬を越せないのでは?という疑問を抱いたためです。


そこに追い打ちをかけるように友人が「カナディアンロッキーは夏でも極寒だった」という情報をくれたので、普段はリサイクルショップでばかり服を買ってる僕ですが、ここは歯を食いしばってスポーツショップでしっかり防寒してくれるジャケットと普段ばきのパンツの上から履く防寒パンツを買いました。

 

こと、ウポーツウェアに関する知識がないので、実際行ってみて暑すぎるとかそういうことも起こりそうですが、行ってみないとわからない。
そしてできるだけ普段使いもしよう、、、。

ジャケット

ノースフェイスやパタゴニアが欲しかったのですが、やはりどれも1着$300くらいが普通の値段(そのかわりめっちゃ軽い)、そこのスポーツショップにあまり良いデザインがなかったので、セールで半額になってたアンダーアーマーのジャケットを買いました。
ガリガリなのでアンダーアーマーを着るのは抵抗がありますが、ウィンタージャケットなのでいいってことにしてください。
ググったけどカナダ限定のモデルっぽい。

www.underarmour.com

元値$230が$115で買えました。
SサイズがなくMサイズを買ったのでちょっと大きいですが、上着なので多分大丈夫。しっかりとあったかいですが、やっぱりちょっと重いです。

防寒パンツ

Fireflyというブランドのものを買いましたが、これはカナダのブランドなのかな?(ヨーロッパのブランドのようです)
スノボブランドっぽく、公式サイトにはボードも載ってます。僕が買った防寒パンツは探してもサイトに載ってなかった。

しっかり水を弾いてくれそうな素材で、かなりあったかいのですが、めちゃくちゃ重たいです、誤算。
あと僕は足が短いのでちょっと裾を引きずってしまいます。


自転車通勤なので、これ履いてたら冬越せるなと思って買ったのですが、これで自転車乗るには汗かきすぎる気がするんで、もっと薄くてもよかったかなーと思いました。
ちょうどいい値段の丁度良いものって手に入れるのが難しいですね、、、。

www.firefly.eu

靴なのですが、夏用のメッシュ素材のランニングシューズしか持ってなかったので、「Merrel」というトレッキングのブランドのしっかりした靴を買いました。


トレッキングシューズというほどごつい靴ではありませんが、「ライトトレイル向き」って買いてあったのでこれにしました。


冬用なのかどうかはわかりません、特価だったので夏物なのかも。

 

とりあえずカナディアンロッキーとはいえ観光バスで回るので山登りするわけでもないし、今まで履いてた靴よりはあったかいのは間違いないのでOKということにします。

www.merrell.com

旅行はやっぱりお金がかかる

これはまちがいないですね。


普通に仕事が落ち着いてお金が入ったタイミングでいければ完璧だったのですが、一緒に行くJがタイミング的にここしか取れないので仕方なく、って感じ。

僕もちょっとビクトリアに飽きを感じてきたタイミングなんで良い刺激になるかなーというのもあり強行しました。
ここ数ヶ月はひもじい生活を続けなければ、、、


あとは旅行から帰って着たらセカンドジョブ探しもがんばるぞー。
今の職場がネイティブばかりでちょっと疎外感感じてるので、多少なりに外国人がいるところがいいな、、、

では!

f:id:s_ahhyo:20190919151836j:plain

もうすぐクリスマスですね。

 

(続き)

www.sun-ahhyo.info 

バンクーバー&カナディアンロッキーへ男二人旅