映画

「映画」ジャンルの感想やレビュー記事。

『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』既視感を超えていくカタルシス。

(画像提供/PR TIMES) 久々にディズニー以外の映画を紹介する。 話題の映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』を観てきた。 『羅小黒戦記』とは中国の漫画家/アニメーション監督のMTJJが製作したWEB漫画、およびそれのアニメーション化作…

『オリバー/ニューヨーク子猫ものがたり』ディズニールネサンス期の夜明け。

キャプテン・アメリカを演じた俳優として有名なクリス・エヴァンスの飼っている犬の名前が「ドジャー」であることを、つい先日知った。 クリス・エヴァンスは映画『ギフテッド』の撮影で訪れた収容施設でとある保護犬を引き取り、その犬に「ドジャー」と名前…

2020年8月〜10月に観た映画まとめ

観た映画まとめシリーズ、 滞ってるしなかなか映画館に足を運べていないんですが 記録しておこうと思います。 前回 www.sun-ahhyo.info www.sun-ahhyo.info 目次 目次 2分の1の魔法 ディック・ロングはなぜ死んだのか? フェアウェル TENET テネット mid90s …

『ベッドかざりとほうき』戦争なんて馬鹿馬鹿しい、世界は魔法に溢れてる。

私が『ベッドかざりとほうき』という作品を知ったのは、 昔記事にも書いたディズニーロックカヴァーCD『MOSH PIT ON DISNEY』を手に入れた時だ。 このアルバムでは大阪出身のthe miceteethというバンドが『ベッドかざりとほうき』の『The Age of Not Believi…

真実だから色褪せない『美女と野獣』の素晴らしさ。

東京ディズニーリゾートに『美女と野獣』をテーマにしたアトラクションが登場し、運良く先日の旅行中に体験することが叶ったために、個人的に完全なる『美女と野獣』ブームが来ている。 当初東京ディズニーリゾートのこの新エリアが発表された時、 比較的新…

『アナスタシア』とディズニープリンセス。地位や名誉より、愛。

1997年に20世紀フォックスが初めて制作したアニメーション映画『アナスタシア』を観た。 こつこつとレビューを書いているまとめ買いBlu-rayのうちにあった1本。 www.sun-ahhyo.info ウォルトの死後の映画製作体制に不満を抱きディズニーを去ったアニメーター…

諦めずに立ち向かえ。映画『トゥモローランド』で紡ぎ出す希望。

大好きな映画でも、手放しで褒められない作品は結構ある。 映画『トゥモローランド』もその一本である。 過剰宣伝、それを受けて抱いた僕たちの過剰な期待、その表層部だけが一般層に広がって根付いてしまった都市伝説、肝心の中身、映画としての面白さ・・…

『スパイ in デンジャー』ヒーローが生んだヴィランへの完璧な回答。

2019年の3月にディズニーが20世紀FOXの買収を完了させ、日本では2020年の頭から20世紀FOX作品(また社名は20世紀スタジオに変更となる)がディズニーにより配給されることとなった。 そんなスタジオの過渡期の中で、20世紀FOXが抱えるアニメーションスタジオ…

実写版『ムーラン』不死鳥が地獄に堕ちる前に。

もう地獄に堕ちている、かもしれない。 実写版『ムーラン』が燃えている。 公開されるかなり前から、主演のリウ・イーフェイの「香港警察(中国共産党)支持」の政治的な発言により批判を浴びていた本作だが、 出演俳優をアジア系で固めたにも関わらず、主要…

『ハワード -ディズニー音楽に込めた物語』で、名作の見え方が変わってしまった。

By May be found at the following website: http://www.howardmovie.com, Fair use, Link ディズニー+オリジナル作品『ハワード -ディズニー音楽に込めた物語』(以下『ハワード』原題:Howard)を観た。 このドキュメンタリー映画は、アラン・メンケンと…

実写版『ホーンテッドマンション』怖くたっていい。もっと怖くてもいいのに。

実写版『ホーンテッドマンション』のリブートの噂が出ている。 theriver.jp 『パシフィック・リム』や『シェイプ・オブ・ウォーター』のギレルモ・デル・トロが監督で再映画化の噂が出ていたのは遥か昔の10年前、ということでおそらく企画は立ち消え、新たに…

「つまらない」と言ったら負け。不条理コメディ『銀河ヒッチハイク・ガイド』

映画や小説やアニメなど、様々なカルチャーに触れた時「いったいどんな頭をしていたらこんな設定が思いつくのだろう?」と思う時は度々あると思う。 J.K.ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズや、ティム・バートンの『ナイトメアー・ビフォア・クリスマ…

『トレジャー・プラネット』はたぶん史上最高のディズニーアニメーション。

『美女と野獣』とか『アラジン』とか『ライオン・キング』とか、ここ5〜6年だったら『アナと雪の女王』とか『ベイマックス』とか『ズートピア』とか。 ディズニーは時々、観ていて本当に文句のつけようがないくらい頭から終わりまで面白いアニメーションを作…

『2分の1の魔法』気づいていないだけで、みんな既に大事なものを持っている。

ディズニー/ピクサー映画『2分の1の魔法』(原題:Onward)の初報を聞いたのは2017年のD23 EXPOだったと思う。 当時はその世界観から「Suberban Fantasy World」というタイトルがつけられていた。 ピクサーとしては2017年の『リメンバー・ミー』以来の、続…

本当の『ピートとドラゴン』を僕はまだ知らない。

長らく日本ではVHSを最後にソフト化が実現しなかった作品『ピートとドラゴン』 かねてよりディズニーチャンネルにて吹き替え版の放送があったり、配信サイトにて有料レンタルが可能だったりしたようだが、 ディズニーデラックス(現ディズニープラス)の到来…

Pixar SparkShorts『ループ』誰もが気持ちよくなれる答えなんて、現実ではなかなか見つからない。

By Source (WP:NFCC#4), Fair use, Link 前回に続き、Disney+で公開されているPixar SparkShortsから今回は『ループ』という作品を紹介する。 Disney+ (ディズニープラス) 発売日: 2020/07/21 メディア: アプリ ピクサー・ショート・フィルム Vol.3 [Blu-ray…

Pixar SparkShortsと『殻を破る』無視されてきた人々にも居場所がある。

By Source (WP:NFCC#4), Fair use, Link サービス開始から約1年。 ディズニージャパンのストリーミングサービス「Disney DELUXE」が2020年6月11日に米国ディズニーのストリーミングサービスと同名の「Disney+」に変貌した。 それにより今まで公開されること…

『スピッツ 横浜サンセット 2013 -劇場版-』が最高なので観て欲しい。

2015年の春、今ほどたくさん映画を見ていなかった僕が、 わざわざ早起きして電車で1時間かかる大阪の映画館まで足を運んで見た映画がある。 それが『スピッツ 横浜サンセット 2013 -劇場版-』である。 この度、スピッツ公式サイトより「新型コロナウイルス…

【まとめ買い映画レビュー その10】『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』

2020年4月29日に亡くなられた俳優イルファーン・カーン氏のご冥福をお祈りいたします。 www.mtvjapan.com 映画が公開されてた2013年は「つまんなさそ〜」って思って観てなかったんですよね。 とんでもなかった。 めちゃくちゃ面白い映画でした。 そして、重…

『チキン・リトル』どう遠回りしても最初から答えは出ている。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ作品で、最も失敗作と言われているのが『コルドロン』という映画なのは以前このブログでもお話しした。 実はディズニーファンからも映画ファンからもことごとく嫌われている映画がもう一本ある。 それが今回…

自宅待機中に観た映画・アニメ【3〜4月】

ご存知の通り3月後半から自宅待機中でございまして。 普段なら映画館に通ってたりするところを自宅で映画を中心に切り替えてるんですね。 恋人と住むようになってから 普段見ることがなかったアニメシリーズとかもちらほら見るようになりまして 普段ならこの…

『野性の呼び声』監督クリス・サンダースがこだわった「犬視点」の物語。

僕が『リロ・アンド・スティッチ』の大ファンであることは、 このブログを日頃からご覧になっている方には もしかしたら周知の事実かもしれない。 『リロ・アンド・スティッチ』という映画はディズニーのアニメーターであった クリス・サンダースによってキ…

『わんわん物語』冒険よりお家が一番。たとえポリシーを曲げても。

ディズニー映画といえば、夢・魔法・大冒険映画というイメージが強くあるが、意外と「お家が一番」的な映画を作っている時期がある。 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ第15作目『わんわん物語』もその一つである。 だがこの物語、中盤とエン…

『プリンセスと魔法のキス』ディズニーの絶対に負けられない戦い。

『プリンセスと魔法のキス』はいいぞ。 いつもは締めに使っている言葉を今回はど頭に持ってきた。 もうこのブログで何度目かわからないくらい褒めているこの映画『プリンセスと魔法のキス』まじで名作なのに、やっぱりどうして、なかなか日本では知名度がイ…

『Mr.インクレディブル』選ばれし者が、家族の一員となるまで。

『Mr.インクレディブル』(原題:The Incredibles)という作品は、監督ブラッド・バードのかなり私的な作品のように思える。 主人公Mr.インクレディブルこと、ロバート(ボブ)・パーがブラッド・バード本人に重なるのである。 ピクサー作品はピクサーという…

【まとめ買い映画レビュー その9】『オデッセイ』

「まとめ買い映画レビュー」その9。 こちらも「3枚買ったら1枚もらえる」で貰った、俺ちゃんアウターケースのやつです。 話題になった映画ですよね。 知らなかったのですが、こちらもリドリー・スコット監督作品ということで、 以前紹介した『エイリアン』…

【まとめ買い映画レビュー その8】『グランド・ブダペスト・ホテル』

まとめ買いblu-rayレビューも折り返しまで来ました。 今回はウェス・アンダーソン監督作品『グランド・ブダペスト・ホテル』です。 ウェス・アンダーソン作品を見るのは『犬ヶ島』以来ですね。発表年は『グランド〜』の方が古いです。 www.sun-ahhyo.info ww…

【まとめ買い映画レビュー その7】『プレデター』

2018年の年末にまとめ買い+さらにプレゼントでもらった計15枚のblu-ray。 1年以上経った今でもまだ全部観れていません。 おっかし〜な〜 という事で、新型コロナウィルスの蔓延により見事に仕事が自宅待機となりましたのを活かし、この休みの間にレビュー完…

2020年1月〜3月に観た映画まとめ

コロナ大変ですね。 しっかり対策をしてくれているとはいえ、映画館で映画を観るのもあまりよくない流れになって来ているのが少し寂しいですね。新作も延期続きだし。 早く収束することを祈るばかりです。 前回。 www.sun-ahhyo.info 目次 目次 フォードvsフ…

『フォード vs フェラーリ』マシンに情熱を注ぐ男たちの戦い。

20世紀FOXがディズニーに買収され、初めての映画がついに日本公開となった。 それが本作『フォード vs フェラーリ』である。 本作は2018からの本格製作開始であるから、ディズニーによる買収(2019年3月)以前から企画が動いていたことは間違いないが、昨年…