生きていくなんてわけないよ

とあるディズニーオタの要らんことしいの知らんこと言いのブログ

映画

大事だから手を離すこと。『ファインディング・ニモ』の素晴らしさ。

『ファインディング・ニモ』という映画を知らない人はいないと思う。 公開された2003年当時僕はディズニーオタクになる以前の中学生で、「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」の面白さは知っていたけど、ほぼほぼ人面魚といった感じの、可愛いのか…

貧しさから這い上がれ。傑作『奇跡のチェックメイト クイーン・オブ・カトゥエ』を観た!

Netflix(カナダ版)に『奇跡のチェックメイト クイーン・オブ・カトゥエ』(原題:Queen of Katwe)が入っていたので観た。 ディズニー制作、実話ベース、アフリカのウガンダ共和国にある小さな町カトウェのスラム街を舞台に繰り広げられる大躍進劇。 日本…

誰が怪物で誰が人間か?数多の人々を虜にする『ノートルダムの鐘』の魅力。

僕が『ノートルダムの鐘』を初めて観たのは、意外や意外日本テレビでの地上波放送だった。調べてみると2002年の4月19日とのことだ。*1 本格的にディズニーオタクになるのはそれから2年くらいかかるのだけど、あの当時この映画がもたらした衝撃が大きかったの…

名作の裏に隠された悲しい物語『Goodbye Christopher Robin(原題)』と我々が考えるべきこと。

ディズニー実写映画にして『くまのプーさん』の続編となる作品『プーと大人になった僕』(原題:Christopher Robin)が1ヶ月後の8月3日に公開される。(日本公開は9月14日) www.disney.co.jp ところで昨年冬、20世紀フォックスによる似たようなタイトルの作…

時代がどれだけ変わっても『シンデレラ』の輝きは色褪せない。

『シンデレラ』を初めて観たときの衝撃は忘れられない。 僕が『シンデレラ』を初めて観たのは大学生の時で、もういい大人になっていた。 男の子兄弟だったこともあり、プリンセスものはディズニーオタクになってから自分で買い集めて見るようになったのだ。 …

とめどないスリルと笑いの応酬『アントマン&ワスプ』最高!!

『アントマン&ワスプ』(Ant-man and the Wasp)を観た! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の衝撃から早2ヶ月強、あの映画に登場しなかった彼らは一体何をしていたのかという疑問がついに明かされることとなった。 とりあえず一言「すっげぇ最高…

「つまらない」では終わらせない。子供騙しじゃない『王様の剣』の面白さ。

このブログではなんども言っていることだけど、そして何度でも言わせてもらうけど、「好きな映画」と「面白い映画」というのは別に同居していなくても問題ないのだ。 「なんでかわからないけど好き」というのは純然たる真実であり、それを馬鹿にされる筋合い…

2018年6月に観た映画まとめ & 2018年上半期に観た映画まとめ

この報告いる? ってくらい、観てません。 まぁ映画見ずに何をしてたかというと、仕事、帰国のあれこれ、帰国に伴う小旅行に関するあれこれ、です。 あとブログ書いてましたね。それは見りゃわかるか。 ブログ書くために過去の映画見返したりとかはしたんで…

さらば、ディズニー・トゥーン・スタジオ

月の初めからこんなネガティブな記事で申し訳ないのですが、先日ディズニー・トゥーン・スタジオが閉鎖されることが決まりました。 www.awn.com dpost.jp 「ディズニー・トゥーン・スタジオ」とはアイズナー体制時代に「ディズニー ムービー・トゥーン」と言…

『ディズニーじゃないディズニー映画』をご紹介

突然ですが「ディズニーじゃないディズニー映画」という、僕が勝手に作ったジャンルを提唱させていただきます。 「ディズニーじゃないディズニー映画」とは? ディズニーなんです。映画の内容はディズニーのことを話してるんです。だけどディズニー制作じゃ…

笑いこそが僕らの武器。世紀の大傑作『ロジャー・ラビット』30周年!

『ロジャー・ラビット』(Who framed Roger Rabbit)が6月22日で公開30周年を迎えるらしい。 日本時間はもう23日ですね 笑 We’re celebrating a very animated anniversary today: Who Framed Roger Rabbit premiered 30 years ago today! Swipe up in our s…

滲み出る「暗さ」と「貧しさ」スタジオの雰囲気を色濃く反映した映画『ロビン・フッド』

先日テレビで「ズートピア」が地上波初放送されたとのことである。 うん、クオリティの高いディズニー作品がみんなの目に止まるきっかけになることはいいことだ。 この「ズートピア」企画段階では主人公をニック・ワイルドに据えて話が進んでいた。 そこにピ…

迷子になる感情の行方。ピクサー短編『Bao』であなたは泣くのか、笑うのか。

「インクレディブル・ファミリー」2回目行ってきました、さっき。 カナダの映画館は毎週火曜日ほぼ半額のため、ダウンタウンの映画館夕方の回は満員御礼でした。 前回は郊外のシネコンでIMAXで観たのですが、ビクトリアのダウンタウンは大きい映画館がないた…

惜しすぎる名作『インクレディブル・ファミリー』感想。

ピクサースタジオ最新作、巨匠ブラッド・バード監督による「Mr.インクレディブル」続編『インクレディブル・ファミリー』(Incredibles 2)を観てきました。 この「インクレディブル・ファミリー」本国ではオープニング興収歴代8位、PG作品/アニメ作品として…

ノスタルジアのための前日譚『ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー』と、スター・ウォーズの未来。

もう普通に試写会で見た人もいるくらいの時期になってしまいましたが、スターウォーズ最新作『ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー』を見ました。 ネタバレなしで頑張ってお伝えします。 一応ネタバレなしですが、当然ネタバレのラインって人によって違…

父の日に贈りたいディズニー映画7選

今週のお題「おとうさん」 はてなの今週のお題「おとうさん」ということで、正式には「今、父に贈る言葉」とのことですが、ちょっと堅苦しいので拡大解釈します。 というわけで、前回書いた「母の日に贈りたいディズニー映画7選」が、まぁうんともすんとも反…

『塔の上のラプンツェル』ディズニー史上最も「お金のかかったプリンセス」はどのようにして生まれ、世界を魅了したか。

僕のブログではないのですが、まずはこちらの記事をぜひ最後までお読みください。 www.jigowatt121.com 製作費 約309億8,700万 上映時間 92分 1分あたり単価 約3億3千万 やはり世界で最も金で殴っているのはディズニーだった。恐るべき結果だ・・・。 1分あ…

ディズニーの未来はまだまだ明るい。ジョン・ラセターの後任を考える。

(追記:2018年6月20日日本時間) ハリウッドリポーターの事前報道通り、ジョン・ラセター氏の後任がピート・ドクター、ジェニファー・リーに決まりました。 ジョン・ラセターが退社する穴を、『インサイド・ヘッド』のピート・ドクターがピクサーアニメーシ…

「パッとしないけど愛おしい」絶対に観て欲しいディズニーアニメの名作7選 その2

ちょっと前に『「パッとしないけど愛おしい」絶対に観て欲しいディズニーアニメの名作7選』という記事を書いて、結構評判も良く、まだまだ紹介したい作品もあったのでこの度第2弾として紹介させていただきます。 前回の記事。 www.sun-ahhyo.info 前回が「…

大人になってからこそ見て欲しい『ピーター・パン』その2〜名作を生み出した黄金期〜

祝!「ピーター・パン」公開65周年!! ディズニースタジオが「ピーター・パン」を公開したのは1953年。 1950年から製作が始まり、かねてから映画化案のあった「ふしぎの国のアリス」とほぼほぼ同時進行し、公開されたのは「アリス」の後となった。 「ピータ…

2018年5月に観た映画まとめ

ファァ〜〜〜〜〜先月も3本しか見れなかった! 映画料金の安いカナダですら僕はこの程度なのに、日本で毎月10本20本見てる人、恐ろしいです。 というわけでまとめです。 目次 目次 アベンジャーズ /インフィニティ・ウォー(3回目) デッドプール2 ハン・ソ…

『スペース・ジャム』っていう最高の映画、知ってる?

『スペース・ジャム』という映画をご存知ですか? 1996年に公開されたワーナー・ブラザースの映画です。 主演はアメリカ・バスケットボールリーグの最高峰NBAのスター選手であるマイケル・ジョーダンと、アメリカの国民的アニメーション『ルーニー・テューン…

大人になってからこそ見て欲しい『ピーター・パン』その1〜これはウェンディの成長譚だ。〜

ディズニーの「ピーター・パン」にはちょっとした思い入れがあって、子供の頃僕が一番好きだったキャラクターが彼だった。 かっこよくて空が飛べて女の子にモテモテな彼は幼い頃の僕の、男の子の憧れだった。 幼稚園のお遊戯会の演目で、自ら家にあったピー…

笑えて、泣けて、誰も傷つけない。『デッドプール2』は完璧なヒーロー映画だった。

ということで一足お先に「デッドプール2」と「ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー」を観てきました。しかも同じ日に。やばい。 例によって字幕なしで見ているので解釈違いはあるかもしれませんがニュアンスだけ取ってネタバレなしで頑張って布教活動に…

母の日に贈りたいディズニー映画7選

今週のお題「おかあさん」 http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/odai はてなの今週のお題が「おかあさん」だそうで。 (はてなには「おかあさんへ」がテーマなのか「おかあさん」がテーマなのかはっきりして欲しい) もうすぐ母の日ということもあり、ウォ…

自分を見つける物語。自分を選ぶ物語。『モアナと伝説の海』の素晴らしさを改めて語る。

ウォルト・ディズニー・アニメーションスタジオ作品の第56作目であり、2018年5月現在の最新作である「モアナと伝説の海」を久々に見返した。 僕はディズニー作品は基本褒めっぱなしで、全然説得力がないけど、この作品はかなり出来が良くて、改めて最高傑作…

『犬ヶ島』はディズニー好きにおすすめするブラックユーモアコメディである。

毎度毎度、こじつけのようにディズニー好きに向けてこういう、あることないこと書いています。 半分ネタですけど半分本気・・・。 www.foxmovies-jp.com 犬ヶ島、見ました。 ウェス・アンダーソン監督作は初体験だったのですが「グランドブダペストホテル」…

2018年4月に観た映画まとめ

すっかり忘れてました。 4月に観た映画まとめです。 今回はなんと…3本、、、やっぱりたくさん本数観るのはむずかしいですね。 体力使う映画もあるし。 というわけでまとめ始めます。 パシフィック・リム/アップライジング pacificrim.jp 無事!パシリム童貞…

【雑記】セール中だったのでMacgo Blu-ray Player Proを購入しました。

Macはブルーレイを視聴する環境がありません。 というかむしろディスクドライブすら搭載されいないので、Macを購入しただけではBlu-rayはおろかDVDやCDも再生することができません。 「今更ソフト買う奴なんていないでしょ、ダウンロード版の時代よ」 という…

【ネタバレあり】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』レビュー。問答無用の最高傑作!

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー以後の世界に来てしまった。 監督のジョー&アンソニー・ルッソ兄弟から、ネタバレ禁止令が大々的に告知されていて、感想を書くのも極力避けたいような気がしていたのだけど、どうも抑えきれない。 前回書いた記事で…