映画

「映画」ジャンルの感想やレビュー記事。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は僕にとって『ボヘミアン・ラプソディ』じゃなかった。

イギリスの伝説のロックバンド、クイーンの活躍を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観た。 タイトルだけで勘違いされないように最初に書いておきます。 体が震えて、泣きました。本当に最高の映画でした。 【早期購入特典あり】ボヘミアン・ラプソディ…

『ミッキーマウス映画祭2019』へ行ってきた。

ミッキーマウス生誕90周年を記念し、89周年だった昨年からスタートした「ミッキーマウス映画祭」*1へ行ってきました。 全国数カ所の映画館で11月4日日曜日の11時一回のみで、ミッキーの過去の短編(と中編)が上映されます。 【チケット好評発売中】スクリー…

2018年10月に観た映画まとめ

10月は3本!でした。 ディズニーの公開作なし/日本の映画の価格では頑張った方ですよ。一本はIMAXだし。 というわけで今月のまとめです。 目次 目次 クレイジー・リッチ! アンダー・ザ・シルバーレイク 2001年宇宙の旅(IMAX) 11月に観たい映画 関連記事 …

奇妙で不気味で、めっちゃポジティブ『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』25周年!

祝!『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』25周年! 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が先日の10月29日(米国公開日)で25周年ということで(独断と偏見で)ハロウィン(にぴったりな)映画紹介の第4弾、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の…

「歌う」ホラーラブコメ『リトルショップ・オブ・ホラーズ』

日曜日に間に合わなかった・・・! ということでハロウィン映画紹介第3弾。 ディズニーを愛する人ならば誰もが知っている、もし名前を知らなくても何度も曲は聴いたことがあるだろうというミュージシャンがいる。 作詞家ハワード・アッシュマンと作曲家アラ…

短編『ミッキーの青春手帳』のフニャッ、ペチャッとしたミッキーが好き。

今年はミッキー90周年ということで、11月4日の「ミッキーマウス映画祭」へ行って来ます。 昨年は「ミッキーマウスバースデー映画祭」でしたが今年は「ミッキーマウス映画祭」なんですね・・・どおりで検索に引っかからないわけだ。 動画のサムネイルのチョイ…

ティム・バートン印100%の怪作『ビートル・ジュース』が面白かった。

やっとの事で『ビートル・ジュース』を観ました。 というわけで「ハロウィンっぽい映画ご紹介」の第2弾、ティム・バートンによるコメディホラー映画『ビートル・ジュース』です。 「ハロウィンっぽい映画」第1回はこちら。 www.sun-ahhyo.info 目次 目次 …

仕事を辞めた。『アンダー・ザ・シルバーレイク』の主人公に自分を重ねてしまい辛かった。

今回は映画の感想と雑記を混ぜこぜに書きたいと思います。 この記事は現在公開中の映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』の内容に触れます。 核心的なネタバレは含みませんが、映画の内容に敏感な方はご注意ください。 『アンダー・ザ・シルバーレイク』映画…

「ノリ」重視の軽快アニメ映画『モンスター・ホテル』の面白さと弱さ。

ハロウィンが近いので、ハロウィンっぽい映画をいくつか紹介していこうと思います。 忙しいのでちゃんと書けるか知らんけど 笑 カナダに住んでいた時、夏前ごろからディズニー映画を見にいくと頻繁にやっていた予告編があって、それがソニー・ピクチャーズ製…

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』はなぜ最高なのか。

ハリー・ポッター・シリーズの過去の時代を描く『ファンタスティック・ビースト』シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の最新トレーラーが公開されましたね。 僕は原作「ハリー・ポッター」の小説は(日本語翻訳版ですが)…

2018年9月に観た映画まとめ

やっぱり日本で仕事始めるとブログを書く時間がない・・・ 日本ってそこそこの給料で完璧な仕事を追求するので本当割にあわないよなぁ。 早くこういうサイクルから抜け出したい。 というわけで取り急ぎ観た映画まとめです。 (理由はすぐ書けるから) 目次 …

『MEG ザ・モンスター』はディズニー好きにおすすめする海底ロマン・サメ映画である。

ディズニーチャンネルの感想記事の合間にぶっこむ映画ではありませんが『MEG ザ・モンスター』観てきました! 実は僕サメ映画を観たことがなくてですね。 というのも、かなりのビビりだったので長いことホラー、モンスターパニック系を避けて生きてきたんで…

『くまのプーさん/完全保存版』に込められた「願い」とプーとの「約束」。

世の中には、ディズニーアニメーションは努力もなしに無条件に夢と魔法を与えてくれる、リアリティのない子供騙しだという人間が数多くいる。 僕に言わせてみればそんなことを言うやつは大バカ野郎だ。 僕の大好きな「ピーター・パン」や「ジャングル・ブッ…

『アイアン・ジャイアント』シンプルな物語に引き込むとてつもない魅力。

もしかしたら今年はブラッド・バード イヤーなのかもしれない。 『Mr.インクレディブル』14年ぶりの新作『インクレディブル・ファミリー』は世界中で大ヒットし、米国では最もヒットしたアニメーションとして記録を作り、『レディ・プレイヤー1』にはアバタ…

2018年8月に観た映画まとめ

今月は2本だしそれぞれ個別記事書いちゃったのでいまさらって感じですが一応報告です。 でも映画館じゃなかったら結構観てるんだよね。 目次 目次 プーと大人になった僕 カメラを止めるな! 機内で見た映画 フロリダ・プロジェクト ワンダーウーマン マン・…

1.5センチの等身大ヒーロー『アントマン』癒しと笑いのクライム・アクション・ムービー。

『アントマン』を劇場で見たのは紆余曲折あって。 当時、来たるべきD23 EXPO JAPAN 2015に備え、意を決してマーベル・シネマティック・ユニバースを追いかけ始めたのが2015年の夏。 バイトの休憩中にHMVで『アイアンマン』『インクレディブル・ハルク』『ア…

驚異の映像美と大いなるメッセージ性。映画『アーロと少年』と、ピクサーにかかる期待。

6500万年前の地球に隕石が衝突せず、恐竜が絶滅していなかったら・・・という「もしも」から始まる物語、それが『アーロと少年』(原題:The Good Dinosaur)である。 ピクサー・アニメーション・スタジオ作品第16作目となった『アーロと少年』は、文明が発…

飛行ロマン&ヒーロー映画『ロケッティア』この主人公を愛せるか。

今年初のD23 EXPO JAPAN、および先日まで松屋銀座で行われていた「ディズニーアーカイブス展」 歴代のディズニー実写映画の衣装やアトラクションのプロップスなどが展示され話題となっていた中で、比較的知名度が低いであろうディズニー実写作品の衣装も展示…

大傑作『カメラを止めるな!』で得られる映画体験と映画製作体験のカタルシス。

そこら中で話題となっている映画『カメラを止めるな!』を観てきた。 デートでなんとなく時間を持て余してしまったので映画でも観るか〜と映画館へ行き、ちょうどいい時間にやってたのが「コード・ブルー」とコレしかなかったので、乗るしかないこのビックウ…

ディズニーアニメ史上最大の失敗作『コルドロン』は本当に駄作なのか?

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ作品全56作を語る上で、必ずと言っていいほど「歴史的失敗作」として槍玉に挙げられる作品がある。 それが『コルドロン』である。 構想10年以上、ルネサンス期を目前に控え、「新時代の『白雪姫』」として、…

貧しく、苦しく、退廃的、でも刺さってしまう。『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』の魅力。

フロリダへ行っていた。 旅行記をご覧の方はご存知の通りである。ディズニーオタクの僕はカナダワーホリを終えたタイミングで日本帰国前にウォルト・ディズニー・ワールドへ向かっていた。 シアトルから出発した飛行機の5時間の間に、僕は今回紹介する『フロ…

『プーと大人になった僕』感想。「なにもしない」をするために子供時代に戻ろう。

WDW旅行記半分書いたのでインターミッションというかなんというか、旅行記でも書きましたがWDWのディズニースプリングスのamcで『プーと大人になった僕』(原題:Christpher Robin)を観てきたので感想を書かせていただきます。 先に言っておくと100点満点で…

2018年7月に観た映画まとめ

いよいよ帰国目前! 700円〜1000円程度で映画館で映画が観れていたカナダ生活もいよいよおしまいです、そのわりにはあんまり映画見なかったけど。 ということで2018年7月に見た映画まとめ。 今月は3本!僕としてはよくやりました。 先月の分はこちら。 www.s…

これは「歴史」のひとつ。やっぱり『くまのプーさん』(2011年版)が好き。

映画を映画館で見るのは楽しい。 「今自分は歴史的瞬間に立ち会っている」と感じられるからだ。 これは所詮、映画マニアのエゴというか思い込みに過ぎないのだけど、例えば「タイタニック」や「E.T」や「スター・ウォーズ」(新たなる希望)や「バック・トゥ…

『ハイスクール・ミュージカル』は「青春」以外の何物でもない。

20世紀FOXの『グレイテスト・ショーマン』を観て、僕はいまいちピンとこなかった、というのは以前このブログでも話した通りだ。 ストーリーの力押し具合にも冷めてしまったし、みんなが高評価する音楽の部分も、そんなに興奮しなかったところがある(ヒュー…

シアトルのMoPOPこと『Museum of POP Culture』がいろんな方面のオタクにおすすめだった。

たまたまシフトが3連休だったのでシアトルに行って来ました。 ビクトリアからシアトルはフェリーで3時間ほどという近さで、入国審査もろもろ鑑みても飛行機などで行くよりも楽ということと、海路での入国も一度体験してみたかったので、もうすぐワーホリ終了…

続編とはこういうことだ『ビアンカの大冒険 ゴールデンイーグルを救え!』は最高におもしろい!

昨日書いた記事に続き、本日は『ビアンカの大冒険』シリーズ2作目『ビアンカの大冒険 ゴールデンイーグルを救え!』(原題:The Rescuers Down Under)のお話。 数あるディズニールネサンス期の作品の中で埋もれながらも、名作として名高いこの『ゴールデン…

『ビアンカの大冒険』で描かれる僕たちの理想と現実。

ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品に『ビアンカの大冒険』(原題:The Rescuers)という、素晴らしくおもしろいシリーズがあるのをご存知だろうか。 このブログでも何度か言及している通りなのだが、そりゃーウォルト時代の珠玉のクラシックスや…

大事だから手を離すこと。『ファインディング・ニモ』の素晴らしさ。

『ファインディング・ニモ』という映画を知らない人はいないと思う。 公開された2003年当時僕はディズニーオタクになる以前の中学生で、「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」の面白さは知っていたけど、ほぼほぼ人面魚といった感じの、可愛いのか…

貧しさから這い上がれ。傑作『奇跡のチェックメイト クイーン・オブ・カトゥエ』を観た!

Netflix(カナダ版)に『奇跡のチェックメイト クイーン・オブ・カトゥエ』(原題:Queen of Katwe)が入っていたので観た。 ディズニー制作、実話ベース、アフリカのウガンダ共和国にある小さな町カトウェのスラム街を舞台に繰り広げられる大躍進劇。 日本…